トップ  > コールセンター  > アウトソーシングをやってみませんか?

アウトソーシングをやってみませんか?

在宅オペレータ


アウトソーシングをやってみませんか?
 
リストクリーニング
例えば、顧客が1,000人いるお菓子屋さんと仮定します(1,000人という仮定は少なく設定しています)。
社長一人、社員二人とします。
さて、この1,000人のデータは顧客管理(CRM)されているか?ほとんどされていません。
ABC分析上の上顧客など、なんとなく覚えてらっしゃいます。
 
社長の時間、そして前樹準備
社長はデータ整備したいが、時間がない。人を入れるのはちょっと・・・。
アルバイトを臨時に雇って・・・。
でも、何もどうしていいかわからず、自分で電話する。社員と三人で電話をする。

どうやって?
・コール目的・目標の設定
・ワークフローの設計
・FAQの作成
・トークフローの設計
・トークスクリプトの作成
・報告様式の設計
・システム設定
 
参考価格

これらが何なのかわからないとお思います。世の販売業を筆頭に様々な業種の方がこういうのが知られていることさえほぼないと言っても過言ではないと思います。テレマーケティングエージェンシーは言わば黒子です。ほぼ名前がでることはありません。上記の項目で一つ覚えないといけないとすれば、トークスクリプトじゃないかと思います。台本と考えていいでしょう。
最初は、トークスクリプトに沿って話してなれてくればオリジナリティが出てきます。
ただ、お客様との会話の中で、頭の中が真っ白になることが稀にあります。その時にトークスクリプトを見れば基本に戻ることができます。
・FAQの作成
・トークフローの設計
・トークスクリプトの作成 この三つはテレマ3点セットと呼ばれた時代さえあります。

高い?安い?
価格を
導入準備金30,000円
@300(通話料込み)と設定します。30,000+300x1,000=330,000
330,000円。
管理費業務量の10%」
※価格はよ総相談

※単価300円は内容によりちがいますが、若干、高めに設定しています。実際、250円~350円の範囲が妥当な金額でしょう。

高いでしょうか?安いでしょうか?
簡単です。安いです。
試しにご自分で20件架けてみてください。どれだけオペレータという職務が激務であるかおわかりになると思いますよ。
一度、アウトソーシングしてデータが生きているか?死んでいるか?
顧客の整理ができ、その後の顧客管理をしていけばいいわけです。
 
まとめ

地方創生支援コールセンターパッケージ「こここあ」で創業する前に一度、アウトソーシングを体験するのも一つの手段だと思います。そうすると流れや結果の素晴らしさに驚き、こんなに便利な企業、仕事があるということを認識されるでしょう。
黒子は一切というほど知られていません。驚くような大企業の黒子だったりします。おそらく想像もつかないような。
もちろん居酒屋談義は、クライアント名はアルファベットです。


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック