トップ  > ブログ  > 【町おこし】って?

【町おこし】って?

【町おこし】って?
地域の文化や経済を活性化させること。
 
佐賀バルーンフェスタ

よく各地で勘違いされるのが、お祭り、イベントで賑わうこと。捉え、イメージされているところが非常に驚いているこの3年、たまに地域で賑わうことはいいことだと思います。
僕も最終的に達したのは経済の活性化、すなわち雇用です。
そこで福井県の中小企業の社長日本一のいわれを学びました。
イベントでいえば九州外の方はご存じないかもしてませんが、福岡県福岡市に『博多山笠』というのがあり、長崎県長崎市に『長崎くんち』と熊本県山鹿市『山鹿灯明祭り』というお祭りがあります。このどれも文化事業で伝統的なものになり、もし衰退しても、市、県、国が保護しようと想定します。

しかし、僕の頭の中で11月が近づくと佐賀県佐賀市のバルーンフェスタが頭を過ります。
立ち上げ当初とは比べ物にならないほど大きな世界的イベントになっています。民間主導です。

最近、世界情勢、日本の状況、九州という島、そして故郷離島・壱岐、鬱々としていました。
私は超リスペクトしている女性社長がいます。その女性社長から『私は10年一括りで考えている。人生って、ほら、なんだかんだ言って嫌なことばかりじゃない。それでも笑っていけばさ、道は拓けるよ。』と言われ、車に戻ったのが今年の3月。お忙しい身なので厳しいかもしれませんが、顔を出してみようと思っています。
 
何かの?誰かの?せいにしてしまう

本題に戻ると町が起こらないのは『行政が』、『市議が』、『市長が』とか自分は投票していないからと不平不満を言われます。『投票してないから』は通用しないですよね。私は市長批判をしますけど、そのために自分に不利益になっているなど不平を言ったことはないですよ。結構、勘違いをされていると方多いと思いますが。
一番の問題は我々市民です!どの自治体もです。ズブズブになっているならどうしようもないですが。
せっかく起業、創業を支援している状況なんですから、創業するもよし、事業拡大するもよし!
ただ、自治体のトップが変わり劇的に変わることもあることを否定もしません。

私の出身、本業はコールセンターエージェンシー(電話代行屋)の企画営業(現・社長室地域プロジェクト担当) ICI株式会社です。
私がご提供できるのは
・地方創生の決定版!小さく始めるコールセンターパッケージ「こここあ
・SNSの正しい使い方、ブログで作る中小企業向けホームページ「コムログクラウド」(代理店資格頂いてます)、「すまっぽん!」(株式会社カムラック 障がい者就労継続支援A型事業・就労移行支援事業共同開発

が主たるものです。

小規模からでも構わない。地元の人が一生懸命仕事(事業に)取り組めば、勝手に街は創生します。そうして雇用が生まれれば若者が出ていかなかったり、帰ってきた時に働く場があるはずです。
だから、あちこち学びながら1回線からでもできるコールセンターをやりたい人、やれそうな人を探してます。
 
情報とは

私は頭は悪いですが動き回ります。現場主義とかカッコつけてますが、真の情報って現場の声を聞かないとわからないです。これは141市町村役場、その街の匂いをかぎ、その土地の人々の声を聞き、その土地のコンビニの対応を感じる。
(セブンイレブン基山けやき通り店は九州一と思ってます。しかし、本州に出るようになってもっとすごいかも?なんて思ってます。)
だから行政さんでも、民間の方でも『〇〇県の何市はどんな?みたいな感じでも構いません。』どんどん聞いてもらって構いませんよ。

行政さんからの問い合わせは『遊覧船やってるところ知らないか?』、『地域おこし協力隊を採用しようと思うんだけど・・・』、『面接を厳しくし、キチンと業務を管理すれば大丈夫だと思いますよ。基本、仕事しにしてもらいに報酬を上げているわけですから』とこちらは簡単でした。
『インバウンド、◯県は受け入れてる。入ってる状況は?』、『入れてますよ!だから遅いっていったんですよ!24万人、台湾が多いみたいですよ。』とこんな感じです。
 
まとめ
考え方は人それぞれ、様々です。
何度も言ってます。『国家の根幹は教育』だと。でも、お父さん、お母さんが働かないと、ご飯を食べれないと教育の前に生きていけないんです。
日本の中小・零細企業は99.7%です。
創業して利益を出し、中小企業も儲かっていけば、逆に子育て支援の拠出は不要(自治体で考慮すべし)、子ども食堂なんていらない。
漁業、組合員のあり方を学びたいなら富山県氷見市に行ってください。

ベクトルが全て同じ状況じゃなくてもいいんです。逆に同じ方向であれば気持ち悪いです。
悩み、考え、やっていけば必ず道は拓けます。
1964年東京オリンピック後の景気低迷から豪雪地域福井県。
1980年大分県の一村一品運動(前身は大分県日田郡大山町(当時)の『桃栗植えてハワイへ行こう』。
皆さん、地方で生き残って勝負に勝ってきたんです。

人生は一度きり、楽しく頑張りましょう!



 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック