トップ  > SNS・ホームページ  > なぜ?私はコムログクラウドを使うのか?

なぜ?私はコムログクラウドを使うのか?

答えは簡単です。
簡単だからです。そして努力が明らかに報われるからです。
コムログクラウドのチラシを私とおつきあいのある方は、見たことがあるはずです。
壱岐のパンフレットファイルの中にはコムログクラウドとすまっぽん!のチラシが必ず入っているからです。
相手の方の時間次第、タイミングでコムログクラウドが先だったり、壱岐が先だったり、という展開で話をさせて頂いております。
 
ググる?

皆さん、モノを買ったり、何処かへ行ったりするときスマホでググりませんか?
またはsiri、Ok!Googleなど。
いわゆるキーワード検索というやつですね。

キーワード検索をしないということはそのモノを知っている
キーワード検索をしないということはその場所を知っている

ですよね?

私はUターンして、いろいろ検索しました。
『壱岐』という文字が出てくるように。憶えていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。どのように工夫してキーワードを入力しても「壱岐」の「い」の字も出てきません。
関係各所説明に行きました。理解して頂けなかったですね。で、見つけた壱岐イルカパークのトレーナーがクリスマスの衣装を来ているトップページ(4月頃)を。都度都度市役所に出向いたときは申告し、トレーナーには約束してしまっている私。永久出入り禁止になっております。ただ、約束したトレーナーたちに謝りに行っただけなのですが・・・。(ちなみにクリスマスの衣装を脱いだのは7/28でした)

キーワード検索に適しているのがCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。
CMSとはWebサイト運営にあたり、HTMLやCSSの書き換えなど面倒で手間のかかる作業をしなくても、管理画面を通して記事や画像を登録・更新できるシステムです。といわれてもわかりにくいですよね?
無料ブログを書いた経験がおありの方は管理画面の「記事を書く」というところとほぼ同じです。gooブログ、楽天ブログ、ameblo、livedoorブログなどもほぼほぼ同じです。

 コムログクラウド管理画面
コムログクラウド管理画面

ただ無料ブログはキーワード検索にはかかりにくいです。なぜ?ちょっと文章にしづらいのでお会いした時にお話します。
何のホームページでもいいですのでカーソルを何もクリックできないところへ持っていき『右クリックでページのソースを表示』としてみてください。これがHTML、言語とうやつですね。

例えばYahoo!のトップページ
Yahoo!のトップページ
 
 Yahoo!の裏画面(HTML)
Yahoo!のトップページの裏画面

これを知っておくにこしたことはないですが、CMSには不要です。だから、コムログクラウドが便利です。一番メジャーなのはWord pressかと思います。ただWindows Updateのようなものが不定期にあります。これの更新にトラブルが生じると厄介です。

1、旦那様、奥様がプログラマー、SE→治してください
2、親しい友達がSE
3、隣の学生が詳しい
4、彼女、彼氏が詳しい

はい
これでOK?じゃないんですね。
2、3、4はどれだけ相手の時間をあなたが拘束し、奪っているでしょう?
これは、どんなに仲ががいい間柄でも人間です。感情があり、せっかく『彼女と映画を見るつもりだったのに・・・。』(映画に集中できないというストレス)
近所の学生さん→いずれは「うっせーなぁ」と心で呟いてしまいます。
彼女、彼氏、最悪、破局を迎えます。
これ、大袈裟じゃないですよ。

コムログクラウドはサポートが可能です。なんの気兼ねもなく、クレームすら言えます。これが有料と無料の違い、企業は精一杯の責務を、顧客は気兼ねをセずに聞くことができます。
これがビジネス関係だと思います。
 
イーハイブさんにやってこられる方はWord pressからの乗り換えが多いみたいです。

何度も書いてます。世の中の企業、個人事業主を含め99.7%です。
トヨタ、パナソニック、マツダ、産経新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、ググりますか?目的と着地点を既に知ってますよね。
99.7%の中で業種、モノ、地域、サービスなどの中でどれだけ競合店があるか。途方もない数ですよ。

「まあ、結構、知られてると思ってる方多いです。自分のお店、自分の会社、自分の住んでいる地域の観光地、特に観光地は多いですね。
壱岐市でいえば島の象徴『猿岩』なんて南九州、福岡でも福岡市以外、本州の方は知らないと思ったがいいですね。あと壱岐と対馬と五島の位置関係。」

大袈裟ですが、勝ち抜いていくには努力しないと勝てないんですよ。
もちろん資金力が豊富でSEO対策に費用をかければ検索結果画面の一番上にきます。【広告】という文字は入りますが。
私はオープンイーハイブにいくときは「平井さんメモ」を作っていきます。そこに思いついたことを箇条書きにしておき、他の方がいらっしゃらない場合、即座に教えてもらいます。
 
まとめ

人は検索をすると上位3番目までしか見ないそうです。
そこでキーワードを変えられてしまうと遠ざかるか、近づくか?
そもそも中小企業の社長が最低でも1週間にブログ一つ書けなくてどうするんだろうと思います。
あなたの会社の本当の方向性、社是、など社員みんなが理解してますか?
ホームページはアウトソーシング?どうぞどうぞ、競合他社においていかれる可能性が高いですよ。アウトソーシング先は本当に皆様の方向性、コンセプトをわかってらっしゃるでしょうか?

失念しておりました。やたらとトップページの画像、動画にこだわる方がいらっしゃいます。
働く女性の70%が家に帰ってパソコンを開かないそうです。そして、年々、デバイスは小さくなってますよね?
デスクトップパソコン→ノート方パソコン→タブレット→スパホと。
トップページを含む画面遷移、動画はキーワード検索にはかかりません。検索にかかる場所はトップページじゃないですよね?
消費者はトップページが見たいわけじゃないんです。お客様が欲しているのは◯◯(簡単ですよ。想像してみてください)です。

ただ、ホームページは絶対必須です。そしてSNSが役に立ちます。
SNSを情報発信のツールとして、企業、行政機関、各機関が多すぎると感じています。
「これからの情報発信はSNSだ!」とよくいわれる方がいらっしゃいます。はい、間違いじゃありません。ただホームページを作って大切にしてくださいね。
ホームページがあるからこそ、SNSは活きてきます。

はじめの一歩はあなたのホームページが消費者の目に留まることです。


『九州、魚、おいしい』
『九州、海、きれい』
これくらいで【壱岐】が出てくればいいな。


※名前がT-styleではセミナー招致できない機関などがあるとおもいます。
その場合、私、一般社団法人中小企業事業推進機構の会員です。後援、共催など可能です。ご安心ください。
また、T-styleはコムログクラウド、すまっぽん!の代理店資格を取得しております。


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック