トップ  > ブログ  > 移住と転入

移住と転入

宮崎県串間市という自治体があります。北部九州、本州の方はほぼ知らないと言っていいと思います。
最近、移住策に疑念?を抱いている立石です。
そもそも移住者と転入者の数が違うのすらおかしいと思うので。
全国津々浦々、この現象は起きてます。なんらかの規範があるとしてもおかしいと思ってます。
雇用を作ることが街を作る基本だと思っていますが、どうみても1,800の自治体で若者で溢れかえるとは思われず、藻谷浩介氏曰く島根県が一番、子どもが多く(出生率)が多く、女性の社会進出もできていると何かで見かけました。
※藻谷氏が一緒に仕事をした公務員の方で5人の子どもがいて、奥さんも働いている。家賃がかからないから5人大学にも出せる、と。私自身はあまり好意的な考えは持てないが家庭が一番大事だろうし、そういう暮らし方もあるんだと自分を納得させている。
里山資本主義は完全に確立するとは信じてもいません。よく「楽しく生きていけりゃいいさ」という人たちがいます。ただ、まだまだ貨幣に価値があり、全て物々交換が成り立つか?まだ成り立つとは思えない。
 
都井岬

串間市は日南市から30km、若い頃日南に仕事があったとき、今日こそは都井岬に!と思い串間市まで30kmという看板を見た瞬間、迷いが生じ「今度来よう」と引き返すこと数知れず。この仕事を始めたときは目指していったので。そして、自分の中のミッションがあったので(郵便局はたくさんあるのですが)一度目は雨の日でした。
二度目は晴れでした。美しい御崎馬、素晴らしい光景、とともに廃墟のようなホテルが相まって財政状況がすぐ頭が過りました。でも、都井岬の魅力に圧倒と言うより自然の自然さ?ここを見て「もったいないリストNo1」と決めました。




 
観光案内所

これが洒落ている。
広島市の市電がプレゼント?観光案内を民間団体の方がボランティアでやっておられました。
土日は行政職の方がカバーしてらっしゃいます。
何度も貼り付けてる初歩的エリアマーケティング(アナログ)
自分たちで考えて市民が作ったものです。
数は少ないが、首都圏、関西圏からも来ている。このボードに望みを抱いたが首都圏、その周辺都市、
中部・東海圏、関西圏、凄まじい九州の認知度の低さを覚悟は20年前聞いた話である程度、覚悟していた。そういうと「東北6県知らんやろ?」、「知ってます。」47都道府県、私は全て知っています。これは学校で習ったというより、小学校、中学校時代の高校野球テレビ観戦です。それ以上の話は黙しておきます。
 
広島市より寄贈された路面電車
 
素晴らしいアナログ
 
御崎神社(みさきじんじゃ)-縁結びと航海安全の神様

都井岬の最先端に奉祀されている神社で、岬の南方に6kmあまり突出しています。北は原野が連なり、西南は大隈半島の佐多岬(鹿児島県)と相対しており、周辺はソテツの自生林があります。

ご祭神は
上津綿津見神(うわつわだつみのかみ)
中津綿津見神(なかつわだつみのかみ)
底津綿津見神(そこつわだつみのかみ)を祀っています。

社殿の創建は今から、約1300年前70年(和銅1年)戊申6月と伝えられています。

1873年(明治6年)6月都井神社に合祀されましたが、8旧社殿への参拝が絶えなかった為、明治13年2月13日鹿児島県庁より許可があり、旧社殿へ還座され現在に至ってるみたいです。
 

本殿

赤い◯で囲んであるところに本殿があります。どこから登ればいいのかわからず諦めました。
 
串間神社

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)=山幸彦(やまさちひこ)をご祭神としています。
元々は彦火火出見尊を主祭神として外に十二柱の神々を祀るところから、合わせて『十三所大名神』と称していました。
創建年月は不詳ですが、永禄六年(1563年)には『十三所大名神』として合祀されていたという記録が残されています。

また、秋月氏が藩主となった1587年頃からは、五穀豊穣の祈願所となった神社です。
鳥居

本殿
 

この市は神社MAPができると思ってます。
日南市南郷町の榎原神社まで連携し、もっと広く捉えれば日南市の鵜戸神宮からも車でのコースは組めると思います。
 
幸島

幸島(こうじま)は、宮崎県串間市東部、石波海岸から200m沖合いにある島。周囲約3.5キロ、標高113m。野生猿が棲息することから猿島ともいわれる。中でも海水でイモを洗う猿は非常に有名で、島内には京都大学の霊長類研究施設が設けられている。無人島であるが、前述の施設研究員が常駐している。
 
 

100頭近くのニホンザルがいます。
 
大黒イルカランド

ここには正直驚き、寒気がしました。
トレーナースキルの高さは九州ではトップだと思います。館長は若い頃、我が壱岐市勝本町イルカ撲殺事件時代に何十回も来たよ。と仰っていました。館長曰く「お客様を楽しませるということでいえば、日本のどこにも負けない」と仰っていました。ただ認知度は低く、「ここは志布志ですよ(鹿児島県志布志市)」とお客様は言われることがしばしば。
ここは志布志市という意識が非常に高い。またイルカランドは志布志湾(宮崎県串間市と)の境目にあり、本社は数100メートル先の大黒ホテルになります。よって法人税は鹿児島県に納税されます。ただ本当に情報発信が少ないですね。「テレビにバンバン流してます!!」、「もしかして、それってMRTでしょ?」、「はい!」宮崎県しか流れない・・・。
50手前の私が一人で3度も観覧に行くというだけで納得できないでしょうか。

つい、ここに通った頻度、学べるところはないか考えました。
私の中で「もったいないリストNo1」です。それゆえただでさえ長文の私がもっと長くなるのでまとめます。赤池渓谷などもあるのですが。
 
埼玉県出身の石崎トレーナーです。


 
まとめ、そして恋ヶ浦
 
サーファー
 
サーファー
 
恋ヶ浦

いわゆるサーフィンのメッカ、恋ヶ浦。ここは現在、地域おこし協力隊を募集し移住という募集もしているが、もともとサーファーが自然と集まり住みだしたという話を聞いた。一人、二人と一定の地域にサーファー達がが住んでいるらしい。
確かに志布志市から串間方向に走ると車からそれらしき家を見つけたりする。
これは転入というよりまさに移住だろう。地元住民との関係の話は聞かない。リサーチしてみたい気持ちにかられる。恐らく、彼らは感覚的に転入者でなく移住者と言ってもいいだろう。
そして、地域おこし協力隊が、1、2名募集されたりしている。もうやめてほしい。働かない若者が増え、移民問題にまで発展する。
確かに時間の使い方(働く・遊ぶ・育児)などというケースになってもいいと思う。6、7年で100名未満が現在5,000人未満にも増えている。なぜ?居心地がいいんだろうと思う。彼氏が隣の自治体(実家)に戻るから、「制度をりようして」地域おこし協力隊に志願する。我市は移住率が高い。なぜか?居心地いいんだと思う。そしてわが町に地域おこし協力隊はいない。というか配置されない。

そして、九州には大きな問題がある。福岡市一極集中、そして「交通インフラの整備は時に街を殺す」と言います。九州自動車道が「人吉」までだった頃、そして「えびの」まで延びたとき。大分自動車道が日田までだった頃、湯布院は遠い温泉街だった。天ヶ瀬の没落を感じた。人吉はもちろん人吉。そして最後の鹿児島市、宮崎市へ。
私が今、一番気になっているのは葦北郡芦北町だ。
道の駅芦北でこぽんを出て無料区間から下を見下ろすと寂しくなるだろうな、と思える芦北を見下ろすとなにかしろ悲しい気分になる。
定着しつつある「うたせ船」はどうなるのだろうと。
うたせ船
  


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック