トップ  > 故郷  > 【この仕事にとても役に立ったこと】

【この仕事にとても役に立ったこと】

【FBグループ投稿】

【この仕事にとても役に立ったこと】
※相変わらず長文です。

それは高校野球賭博です。
「野球賭博」と書くと物騒に聞こえますが、100円~500円(札w)をジャンケンして好きな高校を選んでいくいわゆる。ドント方式です。

競艇や競馬の賭式
連勝単式、連勝複式、三連単、三連複などではありません。

ちなみに19tイカ釣り漁船主催は連勝単式、総額3,000,000程度です。もちろん高校時代も参加しませんでした一口10,000円なんて持ちませんから。

壱岐には四町合わせて18の小学校があります。
私が生まれた勝本浦は勝本小学校、霞翠(かすい)小学校、鯨伏小学校、通常、勝本小学校地区を「勝本」と呼びます。
霞翠(かすい)小学校(在部地区、農業地区)
鯨伏小学校は湯ノ本地区は温泉街です。神功皇后が産湯に使ったという伝説があります。
いい温泉街です。湯ノ本地区の方も勝本と指すのは勝本浦だと思います。逆に僕らも湯ノ本と呼びます。これは三地域認識の違い?はないと思います。

これが壱岐の難しさ。小学校単位でコミュニティが全く違います。
勝本小学校出身は田植え、稲刈りをしたことがありません。なぜ?田んぼがないから。
今、勝本朝市として根付いてアジの開きなどがおいてありますが、ああいう建物はありませんでした。
在部のおばちゃんが「街に行ってくる(野菜を売り行く)」、私の住む勝本浦から「あっち方に買い物に行く」これが黒瀬商店街地域で座って野菜や米を、それを買いに行くのが本来の「勝本朝市」です。物凄く遡れば、物々交換だったのかもしれません。

勝本小学校は通学時期は時は同級生と遊びます。
春休み、夏休み、冬休みは地区で遊びます。
小学校から中学校、高校生を混じったりします。

漁協主催もあったみたいです。おふくろが昭和50年の習志野高優勝で5,000円Getしてます。

関東の方は九州7県を全て言えない方々がいます。
最初に出てくるのは長崎県、次に熊本県か鹿児島県、福岡県、佐賀県、最後抜け落ちるのが、大分県か宮崎県と以前書いたかと思います。いくら福岡市が158万を突破しようが彼らに関係ないんです。

関西圏~名古屋圏~首都圏に周辺自治体は「九州は外国という見方が強く、特に必要ない」島なんです。
「お前東北6県言えないだろう」と言われたことがあります。
言えます。47都道府県全て言えます。誰に教えられたわけでも、違う形で勉強したことです。私は基本的に強制的に教えられるのに物凄く拒絶反応をしめします。学校の授業などは特に。

地理は上記通りですが、元素記号を3つか4つしか知りません。
O=酸素、Ca=カルシウム? Fe=鉄、正しいですか?
中学校二年二学期間中、福岡市に4ヶ月半ほど入院していました。
おかげで史上最高の日本シリーズ(昭和58年)といわれた、新生・西武ライオンズが4勝3敗で巨人破り日本一になりました。広岡vs藤田という名将同士の名勝負でした。

高校に入り、川内(せんだい、現・薩摩川内市)と読めないやつがいて驚きました。川内実業がちょくちょく甲子園に出場しました。
小学校時代は夏は「週間朝日・特集号」、春は「サンデー毎日・特集号」を必ず仕入れてました。
大好きな晋ちゃん(一つ上)との会話「拓、黒沢尻工は打率386バイ!強かっちゃなかか?」、「いや~、岩手ん380と大阪ん280は一緒くらいやろう、オイならとらんよ」
今、昭和51年のデータが自分の頭にないな、と思ったら親父が亡くなった年でした(笑)
昭和52年の優勝校は東洋大姫路(坊主じゃない頭の松本くん)
準優勝は東邦(愛知県)・バンビ坂本で人気を博しました。この年、壱岐商業が長崎県大会決勝、翌年、壱岐高が長崎県大会決勝に、広島カープに進んだ白武率いる佐世保工に木っ端微塵にやられました。当時は佐世保三高が長崎では強かった記憶があります。

そして僕が我慢ならなかったのが、大人達が、鹿児島実、鹿児島商工、鹿児島商工、どのチームが出ても「鹿児島」という発言。なぜか許せませんでした(笑)
おっちゃんが「鹿児島が残っちょいばいねぇ」、「違う!!鹿児島実業!!」
なにか正確に拘ってましたね。

よって、自分たちの母校でありながら、壱岐商業を「商高」と呼ぶのにはちょっとした憤りを感じます。県大会表記でも「壱岐商」、「壱岐もしくは壱岐高」となっているにも関わらず。

ちょっと横に逸れます。
僕が一番好きな高校野球上の学校は中京大中京です。
甲子園歴代優勝回数1位11回(春夏)
2位広島商(10回)
確か一度広島商に並ばれてます。

意外と知られてないんですが、中京大中京の前身は中京、中京の前は中京商業です。11回のうち10回まで中京商時代の優勝です。
よって、中京としては優勝してません。この頃の襟付きの白いユニフォームが大好きでした。この当時はウエイトトレーニングに置く徳島・池田だ強い時期です。これを抑えられるのは中京・野中か、前橋工の渡辺久信(後の西武ライオンズ)を密かに出場に望んでました。が県大会決勝で0-1押し出しで散りました。
中京は藤王率いる享栄をものともせず、甲子園切符を手にしました。
運命のいたずらかくじ引きで3回戦で当たってしまいます。
両校手に汗握る試合。恐らくこれだけ緊張した試合はこれ以降もないと思います。
平成8年夏、堂林翔太(現・広島カープ)で優勝した時はちょっとウルッとなってしまいました。
病院のベッドの上で(笑)
入院期間は1ヶ月でしたが(笑)

まあ、いつものことですが、横道に逸れ過ぎました(汗)

九州は福岡は福岡第一、全力疾走をしない高校生を初めて見ました(笑)。築上中部、東筑、僕らの時代は久留米商業が強かったイメージ。
佐賀は佐賀商、佐賀北の2012年の優勝は凄かったです。
長崎は佐世保三校が強かったですね。
熊本は熊本工、済々黌、九州学院。
鹿児島は鹿児島実、鹿児島商工、鹿児島商
大分は大分商、日田林工

若い時、和歌山市に出張で行った時。「凄いですねぇ、智弁和歌山。文武両道なんでしょ?」
クライアントは「ちゃうねん、野球部クラスっちゅうのがあんねん(笑)」

しかし、大分・津久見が優勝してから長かったですよね。次の九州の高校の優勝は西日本短期大学か。

で、銚子に行った時、名門銚子商業のことは誰でも知ってると思います。
漁協を訪問した時、石◯部長との会話はしばらく漁業は飛んでました。
向こうに必殺の言葉を吐き出しました、「市立銚子に銚子くんってピッチャーいましたよね?ライナーを顔面に受け、鼻血出して。昭和54年だったと思いますが」

嬉しそうに「なんでそんなこと知ってんの?」

営業って、ちょっとした会話の種で嘘みたいに話広がることがありますよね。
指宿の祖母のキーワードは「大東亜戦争」でした。
僕が24の頃Jリーグが発足。その前テレビで見るスポーツの中心はプロ野球、高校野球、大相撲。昭和の記憶はかなり鮮明です。
平成の途中から迷路に入ったままのような気がします。
今年は「御代替わり」、新しい時代の波に乗りたいものです。

高校野球結果は
昭和55年愛甲率いる横浜高
昭和56年金村率いる報徳学園
この2回でした。

人間、何がどんなところで役にたつかわからないものですね(笑)
 
1983年・夏 中京・野中投手


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック