トップ  > cafe・雑貨・お花屋さん  > 佐賀県(鳥栖市)・イエローハット鳥栖店

佐賀県(鳥栖市)・イエローハット鳥栖店

佐賀県(鳥栖市)・イエローハット鳥栖店


とても親切です。

特に副店長の男性など、これは業務外だよな、というところまで取り付けを手伝ってくれたりする。

女の子たちも丁寧に「ねぇ、これどげんすると?」なんていうと嫌がらずに教えて手伝ってくれる。

世の中の20歳の子が仕事に不平を言ってるなか、楽しんで仕事している。

社員教育も確かにあるだろうが親の教育がにじみ出てるって感じなんだよね。他のイエローハットに行

ったけどここまで親切なイエローハットないと思う。

大野◯店、富士◯店、銚◯店、薩◯川内店、◯崎店と行ったけど抜群ですね。

超オススメです。

いつもありがとうございます。

基本情報
所在地:〒841-0083 佐賀県鳥栖市古賀町316-1
電話:0942-85-2300


Official site









イエローハット
株式会社イエローハット(英称:Yellow Hat Ltd.)は、東京都中央区に本社を置くカー用品チェーン。東証1部上場企業。創業者の鍵山秀三郎は、「日本を美しくする会」の発足者で、社員による清掃活動や企業収益の一部を社会に還元する活動でも知られている。

概要と社名について
同業他社のオートバックスと並び、カー用品量販店の大手一角である。国内でチェーン店を展開、海外にも店舗がある。黄色のカウボーイ・ハットがロゴマーク。社名の由来は公式に「人とクルマの共存」や「交通安全」を願って「通学時に児童がかぶる黄色い帽子」から付けた。中華人民共和国での中国語表記は、そのまま「黄帽子」である。黄色い帽子をかぶったタイヤのような猫のようなマスコットキャラクターが存在する。名前は「ハットにゃん」。かつては緑地に黄色の帽子マークの外観でYellow Hat であったが現在では一部の店舗を除き黄色の外観に統一されている。

業態
イエローハット
maxイエローハット
イエローハットの大型店で全国各地に展開。スーパーオートバックスと業態が似ているが、書籍やCDなどは扱っていない。
イエローハット リサイクルマーケット
アップガレージのようにユーザー買取品を中古販売していたが現在は全て閉店。

沿革
1961年(昭和36年)10月 - 鍵山秀三郎が東京都千代田区麹町において、「ローヤル」創業[。
1962年(昭和37年)3月 - 株式会社に改組し、株式会社ローヤル設立。
1967年(昭和42年)6月 - 東京都千代田区三番町9番地に本店を移転。
1975年(昭和50年)11月 - 直営店第1号『イエローハット宇都宮南店』を開設。
1976年(昭和51年)8月 - 東京都大田区北千束に本社を移転[1]。
1981年(昭和56年)4月 - 株式の額面変更を目的として、休眠会社の嶋田産業株式会社が、(旧)株式会社ローヤルを吸収合併し、(新)株式会社ローヤルに商号変更。
1982年(昭和57年)4月 - グループ店第1号『イエローハット鎌ケ谷店』とグループ店契約を締結。
1993年(平成5年)- 鍵山秀三郎と賛同者35名による『日本を美しくする会』が発足。
1998年(平成10年) - 社長を退任、相談役に就任する[1]。
1990年(平成2年)12月 - 株式を店頭登録。
1995年(平成7年)12月 - 東証第二部に上場。
1997年(平成9年)
9月 - 東証第一部に上場
10月 - 株式会社イエローハットに商号変更。
1998年(平成10年) - 鍵山秀三郎が社長を退任、相談役に就任する。
2001年(平成13年)
3月 - 東京都目黒区青葉台に本社を移転。
9月 - 台湾に海外第1号店『イエローハット石牌(シーパイ)店』を出店。
2008年(平成20年)10月 - 伊藤忠商事株式会社の子会社『株式会社アイ・シー・エス』より、『オートテック』『PIT100』10店の譲渡を受ける。鍵山秀三郎が相談役を辞任。
2009年(平成21年)3月 - 東京都中央区日本橋に本社を移転。
2012年(平成24年)1月 - 地域営業力の強化策として、7社の子会社を設立し、店舗譲渡を行う。
2012年(平成24年)
1月 - 四輪・二輪用品店ドライバースタンドの親会社大西から同社の全株式を取得し、完全子会社化することを発表。
3月 - 株式会社モンテカルロを完全子会社化する。
4月 - 出光興産株式会社と資本業務提携。
2014年(平成26年)
5月 - 株式交換により、株式会社ウィル(現 連結子会社)を完全子会社化。
10月 - イエローハット京丹後峰山店の開店により、イエローハットの国内総数が600店舗となる。


創業者
創業者の鍵山秀三郎は初めて就職した会社での経験から、トイレ掃除が自分や周囲の意識を変え、会社や社会をも変えるとの信念を持った経営に取り組み、「凡事徹底」を提唱し「物を整理し掃除することは頭を掃除することでもあり、ムダや汚れに気づくようになる」との考えを持つにいたった。その体験談や思想は多くの書籍に集積されている。社員の掃除活動はその後、社外にまで広がりを見せ、会社から半径2.5㎞の道路、公園のごみ拾いに始まり、10種類以上もある資源ごみに細かく分類する作業にまで及んだ。さらに、ごみ専用倉庫を建設したり、企業収益の一部を社会へ還元する動きにまで発展させる。1991年(平成3年)には、鍵山とその賛同者35名による「日本を美しくする会」が発足。掃除実践隊である「掃除に学ぶ会」はその後、全国122か所のほか、中国、台湾、ブラジル、ニューヨークなど海外にまで広がった。

不祥事
景品表示法違反(有利誤認)
2017年12月1日、2016年8月から11月の新聞折り込みチラシで、カーナビやドライブレコーダーのセール価格の隣に「当店通常価格」を記載していたが、実際には連続でセールを行っていたため、通常の販売価格とは言えず、消費者の選択判断を歪めるとして、景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から再発防止の措置命令を受けた[7]。

スポンサー
モータースポーツ
F1 - 1991年から1994年までロータスチームをスポンサード。1992年にはテレビコマーシャルに同チームのドライバーであったミカ・ハッキネンとジョニー・ハーバートが起用され出演した。
フォーミュラ・ニッポン - 2004年にKONDO Racingのメインスポンサーとなった。
SUPER GT - GT500クラスに参戦しているチームのスポンサーをつとめている(2004年から2005年はKRAFT、2006年からハセミモータースポーツ)。
Jリーグ・鹿島アントラーズのオフィシャルスポンサーでもある。1993年のJリーグ開幕時より、アントラーズ主催試合でスタジアムに広告看板を出している。1995年からはユニフォームへも広告も掲示している(1998年までは左袖、1999年からは背中)ほか、ポイントカード所持者に対して、観戦チケットのプレゼントもある。
JFN時報 - 平日の17:00~19:00に放送。JFN系列
情報プレゼンター とくダネ! - 過去の番組スポンサー
SMAP×SMAP-過去の番組スポンサー
クイズ!ヘキサゴンII - 過去に番組スポンサーについていたフジテレビ系のテレビクイズ番組。
水曜スペシャル(フジテレビ系列、2011年10月〜12月水曜夜7時)
お早うネットワーク(ニッポン放送・NRN系列、2012年2月〜9月まで提供)
NRNナイター(ニッポン放送・NRN系列) - 金曜枠にて提供。
ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ニッポン放送・NRN系列) - エンディングの協力スポンサー。
簡易恋愛プログラム 宮川賢のデートの時間でそ?!(TBSラジオ・JRN系列) - 関東ローカルにて提供。
金曜ロードSHOW!(日本テレビ系列)
ネプリーグ(フジテレビ系列) - 2015年4月から提供。

グループ企業
連結子会社
完全子会社
株式会社北海道イエローハット - カー用品販売業(本社・札幌市)
株式会社越後イエローハット - カー用品販売業(本社・新潟県)
株式会社栃木イエローハット - カー用品販売業(本社・宇都宮市)
株式会社群馬イエローハット(旧 ㈱リーディング) - カー用品販売業(本社・埼玉県)
株式会社埼玉イエローハット(旧 ㈱プロテック) - カー用品販売業(本社・埼玉県)
株式会社千葉イエローハット(旧 ㈱トム) - カー用品販売業(本社・千葉県)
株式会社東東京イエローハット- カー用品販売業(本社・東京都)
株式会社西東京イエローハット - カー用品販売業(本社・東京都)
株式会社神奈川イエローハット(旧 ㈱SLP) - カー用品販売業(本社・神奈川県)
株式会社山梨イエローハット - カー用品販売業(本社・笛吹市)
株式会社静岡イエローハット - カー用品販売業(本社・静岡市)
株式会社ギャラック - カー用品販売業(本社・愛知県)
株式会社東海イエローハット - カー用品販売業(本社・愛知県)
株式会社アクティブ - カー用品販売業(本社・京都府)
株式会社大阪イエローハット - カー用品販売業(本社・東大阪市)
株式会社兵庫イエローハット - カー用品販売業(本社・神戸市)
株式会社四国イエローハット - カー用品販売業(本社・香川県)
株式会社ライブリィ - カー用品販売業(本社・岡山県)
株式会社モンテカルロ - カー用品販売業(本社・広島県)
株式会社山口イエローハット - カー用品販売業(本社・山口市)
株式会社プロフィ・オート - カー用品販売業(本社・福岡県)
株式会社イッシン - カー用品販売業(本社・福岡県)
株式会社大分イエローハット - カー用品販売業(本社・大分市)
株式会社ジョイフル - カー用品販売業(本社・宮城県)
株式会社イエローハット・ファイナンス - コンサルティング業と金融業(本社・東京都中央区)
株式会社ドライバースタンド - オートバイ用品店「2りんかん」の運営(本社・東京都中央区)
株式会社SOX・イエローハット - バイク販売店「SOX」(ソックス)の運営(本社・埼玉県川口市)
株式会社トレッド - カー用品販売業(本社・神奈川県)
株式会社山陰イエローハット。(本社・島根県)
持分法適用会社
ホットマン - カー用品販売業(本社・仙台市)
非連結子会社[9]
株式会社オカヤマイエローハット
かつてのグループ企業
株式会社イエローハットセールス - 債務超過により会社清算(2007年9月30日に清算)。
株式会社ホームセンターサンコー - 保有している同社株式82.5%をDCM Japanホールディングス株式会社に譲渡(2008年6月2日に譲渡)。
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。
金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック