トップ  > ブログ  > 九州では政令指定都市、中核市は小規模地方都市を助ける構想はできないだろうか?

九州では政令指定都市、中核市は小規模地方都市を助ける構想はできないだろうか?

いろいろ旅して周って、小規模自治体が医療、福祉、学校、などなど目が行き届くという点からしてもいいのじゃないか?と思うことしばしば。ただその反対に小規模自治体に関しては利権の温床、雁字搦めのところがわが市を筆頭に多い。要するに大海に出た経験がなく、蛙の中で泳いで我が物顔になっている。首長、市議、自民党の構図の強さを実感する。
 
福岡という大都市は大きくなかった。

われわれからみたら憧れの都市福岡市であった。所属県の長崎県には直接行くこともできない。直接のフェリーなどもなく、仮に長崎市に行くにしても福岡の土地を踏んでから長崎市に入ることになる。これは自治体としては全国的にもまれである。よって自ずと福岡市に進学、就職も多くなってしまう。
公衆浴場、売店のおばちゃん、土産物屋のおばちゃん、テーマパークの係員さん、いろんな方に話しかける。いつの間にか「静かにしろ!」と目で訴えていた人間が、よく喋るようになったと思う。
関東から見た九州(東京は除く、地方からきている人が半分はいると思う)、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、神奈川県、千葉県、皆さん九州7県を言えません。「外国」というイメージは25年経っても消えてない。
1位・長崎県
2位・熊本県、鹿児島県
4位・福岡県
5位・佐賀県
6位・大分県、宮崎県(この二つはどちらかがもれる)、壱岐市と日田市、菊池市、指宿市などを聞いてみた。日田市を知る人はいなかった。
この順位は教科書に記載されていているのは否めない。
イオンモール前橋の眼科の受付のお姉さんは「九州、行ったことあります!!(なぜかテンションが高かった)ハウステンボスに行きました!!」、「そこ何県にあるか知ってる?」、「わかりません・・・。
 
私は昔から岡山から右は左を向いてないと言ってきた。

その前に中国地方、山口県西部(下関市)は北九州市、山口県東部(山口市)は広島市に友好関係を結びたがっている。下関に至っては「その先に福岡市と仲良くしようと思ってません?」、「そ、そうですが何か?」、「北九州市の人は仕事や遊びに行くけど、反対はまずないです。私28年間福岡市に住んでましたがJRAのウインズ以外行ったことないです。まあ、私が稀にしろ福岡で済んでしまうのにわざわざ北九州市には行かない」
藻谷浩介氏が行っていた島根県のある小規模地方都市、「子どもが5人いてお子さんの進学とかどうすんの?」、彼は(行政職)「いや~、計算してみたら、実家だから家賃0円だし、食費も米や野菜類を自前なんであんまり購入費が少ないからどうにかなるみたいなんですよね」
それを藻谷浩介氏は島根県が一番少子化から回復し、暮らしやすい自治体だ、と吠えているのをみて頭を頭を抱えた。彼は素晴らしい豊かな田舎回帰的発言でたまに頷かせるのにこんなことを言い出す。
お金がかからないから子どもが5人いるんでしょ?そこに若者がやってきてる?
一人のサンプル(呼び方は申し訳ない)と長期間いるのはよくないと思う。人間には「情」というものがあり、特に日本人は強い。鳥取県はどうしたものだろうか?そして、岡山県。彼らは半分は自分たちを関西人と思っている。
これが岡山から右は左を向いてないと言ってきた。前項の順位で福岡県の順位はちょっと考えてみた。関西圏、東海圏、首都圏、その間の小さな自治体はどこかに働きに行けるし、北陸圏はドーンと構えている。私の「おすすめは富山県」です。
福岡市が神戸市を抜いて全国第5位になっても福岡市は必要ないのである。
 
九州で突出している福岡市

九州の人口がほぼ東京と一緒だ。
広域連携というのがある。ここは福岡市、熊本市、鹿児島市が小規模地方都市を引っ張っていく構想は成り立たないだろうか?2万~10万人が苦しいと言っているが、なぜか60,000万とい
う数字がうまく言ってない。そして団塊世代が多く、孫の世代のことまでは考えていない。逃げ切り世代が多く、自分が逃げ切ればいいと思っている節がつよい。
九州の有料道路、九州自動車道、電車、新幹線、鹿児島~福岡が近くなった。新幹線で利益の恩恵を賜ったのは博多と鹿児島中央駅、途中の駅を見ると「いる?」と思うのが多々。続くわけはない。筑後船小屋駅・・・。
こういった道路関係をみていると「みんなで福岡市に行きましょう」となっている。
DMOは各県一つでいい。
観光は整っている。僕でも経路は作れる。あとはお金を落とさせる方法だ。
産業は待つんじゃなく、来たら儲けくらいでいつまでも期待しないで、だから支店経済とよばれることが多い。
 
まとめ

2万7,000人の自治体にコワーキングスペースがいるだろうか?どこにノマドワーカーがいるのか?
世界のスピードがどんどん早くなっている。別についていく必要はない。ただ子どもがついていきたい子の選択しとして環境は整えておきたい。そして、私もそうだが、九州男児って田舎大名と言われ、納得する自分がいる。自分のためにちょっと考えてみようと思う。
自分の先々のこと。もうなんだかんだ今年50歳になある。織田信長は50年。今、日本の危機だと思う。村が町が市が頑張らないんだと思う。

 
地方創生


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック