トップ  > SNS・ホームページ  > SNS、そしてホームページの重要性 2、LINE編

SNS、そしてホームページの重要性 2、LINE編

このLINEというツールはある世代の方たちには必要風可決になっているみたいですね。

はい、「子育て世代」ですね。
学校独自の連絡網ツールがあるにも関わらず、並行してLINEが使われてる模様。
簡単で速いんでしょうね。
ママ友(仲がいいとはかぎらない)でグループ化し連絡網を作る。
ここまでは別にいいツールとして使われています。ただ、ここからが問題みたいです。
例えば30人のグループとします。
するとAさんとBさんが関係ないことを喋り始める。
他の28人には関係ないことを。
また、やたらと集まりたがる方が出てきて、来なかった人をバッシングし始める。
そう「LINEいじめ」です。

元来、LINEはコミュニケーションツール、いわばガラケーのメール機能の進化版です。

LINEのグループ化はなぜかfacebookメッセンジャー、TwitterのDM機能より格段に多いと感じています。中学生、高校生でも既読スルー、未読などなど。
さらにイジメに発展する傾向も多いと思います。早めの手を打つ手段として小学校卒業時にきちっとした「スマホ教室」などを行うべきだと思います。
子どもは駄目と言われても、抜け道を探して遊ぶすべは長けています。皆さんもご経験がお有りでは?と思います。それならば四角四面の高校までスマホ禁止なんてバカバカしい教育委員会の表面上、体裁を打破するうべきだと考えています。

さて、ビジネスの世界に戻りましょう。
LINE@、今、巷に乱立しているといって過言じゃないでしょう。
ビジネス用のラインアカウントです。私は仕事柄同じ企業の店舗別に登録してます。面白いですよね。
発信量の違いや情報の内容などなど、クーポンがあったり、しかし、それらを使うか?NOですね。

なんなんでしょうね。
あらゆる店舗側の想いと反して消費者は軽い気持ちだと思います。そして、それを消費者はLINE@を気軽に考えているんだと思います。
それは消費者の自由なので、地団駄踏んでもどうしようもないのかな?と思ったりします。

そもそもSNSはビジネス用から作られるわけじゃないですよね。
そこでどこかの時点でビジネス化していきます。
LINE@で大幅成長という企業も知らないし、大儲けしたという人を知りません。

後述しますが、だからホームページが鍵を握る。
重要なんですよね。



 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック