トップ  > ブログ  > 九州が遠い。そして福岡市が小さく感じる。

九州が遠い。そして福岡市が小さく感じる。

岡山から右は左を見てない
 
岡山から右は左を見てない。これはずっと思ってきた。出張などでいくと学生の進学先、その就職先も関西圏がとても多い。私自身、地域活性化のようなことを仕事の合間ににやっていた。
当時、思ったことであり、西日本は大丈夫なんだろうか?とおぼろげに思ったのを覚えている。
安倍政権の下、「地方創生」というものが東京都、横浜市、大阪市、京都市以外の地方自治体に地方創生推進交付金が下りてきた。
 
※地方創生(ちほうそうせい)とは、第2次安倍政権で掲げられた、東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策である。2014年(平成26年)9月3日の第2次安倍改造内閣発足時の総理大臣記者会見で発表された。 ローカル・アベノミクスともいう。
 
まずお詫びしたい自治体及び担当者がいる。
 
大分県〇田市の移住担当〇〇さんに対してです。最初200人移住してきたことに驚き、すごいなと思った。しかし、いろんなところを見て大分県〇田市20,000人が22,000になっても的なことを書いたことを(この記事を確実に読む可能性もないと思うが)お詫びしたい。思い出したのである。大分県〇田市は創業移住でした。移住してきたら起業、創業する条件。しかも行政からの助成金、補助金はない。まさにゼロからのスタートです。しかも本当に東京から来ていた。
その彼が懐疑的に思っているのが「地域おこし協力隊」だった。
「僕は3年間身分保障されている地域おこし協力隊より、うちにゼロから来てくれた人を応援しますね。」
彼は自分の業務終了後、ペンキ塗りなどを手伝っていた3年前です。
 
地域おこし協力隊について
 
 
地域おこし協力隊に関しては自分の自治体の実情が真っ先に入ってきたので、懐疑的に感じてきた。
やる気のある子もたくさんいる。ただ比率的には低いと思う。
上記の表の隊員の増加率です。89人が5,359人へ。
僕は穿った見方の持ち主なので、ミッションが楽なんじゃないだろうか?雇用率が上がったと言われているのになぜに?40半ばで家族もいるのになぜに?定年退職後に?←それっていいの?
解決は簡単だと思う。入隊の試験、面接を厳しくし、きちんと行政職が管理すればなにも問題なく解消すると思います。
 
憧れの都市、福岡市
 
私は長崎県壱岐郡勝本町勝本浦(現・長崎県壱岐市)で生まれました。よく島外の方に説明するとき「商圏は福岡で行政は長崎です」と言います。長崎【長崎空港(長崎県大村市)】に行く手段が飛行機しかなく、飛行機を使うのは公職が多く、買い物や遊びには自ずと福岡になる。筑紫郡那珂川町(現・那珂川市)の従兄妹のところには西鉄電車とバスでよく遊びに行った。
東京の大学、東京の企業に入り、福岡で独立し、壱岐を別荘にするような若気の至り的な妄想を抱いていた。高校3年の秋・赤本というのを見て「・・・・汗」
家に帰り「一浪させてくれ!」まだ受験をしてもいない。おふくろは「あんたに一浪させて一年間勉強するはずなかろうもん!金もないし」却下。福岡大学に入学でき、就職活動は「製薬会社」or「音響機器メーカー」。就職活動少しずつ内定が出だした頃、「福岡くらいの近さに居てほしい」モードを醸し出す。「本家の長男やし・・・。」、「▲▲くん、長崎の銀行らしいよ」的なことを。リピートし始めた。結局、福岡へ。当時、ホークスが来て、ソラリア、イムズが立ち福岡は景気がよかったように思う。というよりバブル後期だったことなど露知らず。
 
終身雇用制度
 
私は「終身雇用制」には反対の気持ちが強かった。
なぜか知らないが、「頑張った人が報酬が多く、頑張らなかった人は少ない」という小生意気な考えの人間だった。しかし、自分の思うようには社会は動かない。日本はキャリアアップの転職はほぼない。転職とともに報酬も減りランクダウンしていく。「前の会社で勤まらなかった」烙印を押される。
これからの時代、終身雇用制、正社員、契約社員、パート、アルバイトなどの垣根は崩れていくとおもう。なぜ?経営者にとってはなくした方が経営はうまくいくと思う。
全てではないにしても。
政府が内部留保に関して物申すのは言語道断だと思ってる。
NHKは論外だが、会社の売り上げ(利益)をいつの日かのために取っておいて何が悪い。潰れたら助けるの?
助けないでしょ?一応、資本主義社会なんで。
たまに思う。JALを税金を投入し立ち直らせた国をANAはどう思ってるだろう。
 
まとめ
 
銚子市65,000人程。千葉県なので首都圏になる。
九州で言えば大分県日田市、熊本県山鹿市クラスだと思う。大都会という感覚はないが、その他の関東の自治体同様。ダイナモ・1,400万都市・大東京があり、九州が遠く感じる。そして福岡市が小さく見える。神戸市を抜いて158万人都市で第五位の人口になろうが、岡山より右には関係ないのである。
別に自分が東京に被れてる意識はない。
 
知名度の順で言えば、
1位・長崎県
2位・熊本県・鹿児島県
3位・福岡県
 
九州は県庁所在地の人口は
福岡市158万人
熊本市74万人
鹿児島市60万人
大分市47万人
長崎市42万人
宮崎市40万人
佐賀県23万人
 
地方創生が終わると間違いなく地方切りが始まる。小規模自治体は消滅自治体、否応なしの合併、そして、東京オリンピックが終わると必ずと言っていいほど景気は冷え込むと思う。
超リスペクトしてる女性社長が仰った。
「いいいじゃない。消滅したらしたで。スッキリすると思うよ。」
「九州は混血だと思うよ。大和民族とはちがうと思う」
一年程前だが、そういわれればそうかな?と当時何気にスッキリした気分になれた。
 
地方分権、道州制じゃないと九州はもたないんじゃないか?と少しづつ自分の気持ちが動いているのを感じている。やはり2015年の大阪都構想の住民投票は勝ってほしかった。
西日本の起爆剤としても。
 


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック