トップ  > 溫泉(日帰り500円以下)  > 北海道(千歳市)・祝梅温泉

北海道(千歳市)・祝梅温泉

北海道(千歳市)・祝梅温泉
20190726

見つけた!探せばある!
 
モール泉!
 
昨日のスーパー銭湯のお姉さんはここしかないってたけどね。
いや~、おじさんとの会話は楽しい(笑)
おじさんは大分と鹿児島が言えなかった。
 
北海道に来てからは福岡がトップ!
ん!?俺、今長崎県民やったw
 
ふと思ったんだけど、感覚的にだけど九州の人は北海道に旅行に行くけど、逆は少ないんじゃないかと。
 
いいお湯でした~♪
 
350円也

基本情報
所在地:〒066-0006 北海道千歳市祝梅2142-7
電話:0123-29-2222
 
 
 
 
 
 
 
モール泉
モール泉(モールせん)とは、植物起源の有機質を含んだ温泉のこと。モール温泉ともいう。
 
概要
モールとは、ドイツ語で亜炭などを含む泥炭 (Moor) のこと。北海道十勝支庁(現・十勝総合振興局)管内音更町の十勝川温泉で20世紀初頭に名付けられた。平成前期までは十勝川温泉、及びドイツ連邦共和国のバーデン=バーデンの、世界で2か所しか確認されていなかったが、その後、別地でもモール成分を含んだ温泉が確認され始めた。
温泉法に基づくの療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念である。療養泉の分類上では単純温泉や塩化物泉、炭酸水素塩泉などであり、効能などはそれぞれに準じる。
石炭の形成途上であり炭化が進んでいない泥炭や亜炭層から源泉を汲み上げるため、植物起源の有機質を多く含み、肌に触れるとツルツルとした感触があるのが特徴だが、効能としては認められていない。湯色は飴 - コーラ色を呈し、黒湯(褐色湯)のように透明度が極めて低い湯もある。
これらのうちの一部は、源泉が地下10メートル前後と極めて浅い層からでも得られること、湯温も30度前後と低いことなどから、地下に封入された化石水による温泉ではなく、自由水が泥炭中の有機物から生じる熱で暖められているのではないかという説がある。

日本のモール泉
十勝総合振興局の帯広市、音更町、士幌町、幕別町、芽室町と広範に存在する。
十勝川温泉 北海道遺産に選定されている。
幕別温泉
しほろ温泉
札幌市 森林公園温泉きよら
釧路湿原周辺では鶴居村、弟子屈町別海町、標茶町に点在している。
青森県青森市(旧南津軽郡浪岡町)、上北郡東北町。
宮城県大崎市の東鳴子温泉。
秋田県大潟村
福島県南部一帯。
東京都大田区や神奈川県川崎市、横浜市などの一部。
神奈川県鎌倉市の稲村ヶ崎温泉
佐渡市の佐和田温泉、仙道温泉。
金沢市の深谷温泉をはじめ市内、白山市(旧美川町)や津幡町に存在する。
山梨県の甲府盆地一円。甲府市、山梨市などに存在する。
愛媛県八幡浜市。中国・四国地方初のモール泉。
福岡県大川市の大川温泉はフルボ酸を含むモール泉
熊本県人吉市や鹿児島県湧水町、宮崎県えびの市に点在する。
別府湾に沿って広がっており、大分市、別府市別府温泉北浜地区の一部に存在する。
 

【千歳市の概要】
千歳市(ちとせし)は、北海道石狩振興局にある市。
 
概要
「北海道の空の玄関口」である新千歳空港があり、国内線の東京(羽田)~札幌(新千歳)間は単一路線としては世界一の乗降客数を有している。国際線と合わせた乗降客数は年間約2,000万人に達している。また、陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団の基地や演習場があり、自衛隊と共存した社会を築いている。東千歳駐屯地、北千歳駐屯地、千歳基地の合計隊員は推定で約8,700人で、退役者や隊員の家族を含めると、市内人口の約25 %を占めている。市内には空港があるほか、高速道路(道央自動車道・道東自動車道)や港(苫小牧港)にも至近距離であることから工業団地が集積している。札幌市中心部までは車でおよそ1時間(高速道路利用)、鉄道で約30分から40分(特急・快速列車利用)で行くことができる。平成22年国勢調査によれば千歳市の平均年齢は41.3歳で、北海道一若いまちとなっている。
 
市名の由来
現在の千歳川はアイヌ語では「シコッペッ」(大きい・窪み・川) と呼ばれ、この地方もそこから「シコッ」と呼ばれていた。
石狩平野の中心部に当たるこの地には太平洋からウトナイ湖、美々川を遡って分水嶺を越え、千歳川から石狩川を経て日本海へと至るルート「シコツ越え」があり、1658年(万治元年)には現在の千歳神社がある場所に志古津弁天小社が造営された。1805年(文化2年)に当時のシコツ場所担当だった箱館奉行調役並山田鯉兵衛嘉充が、シコツは「死骨」に通じ縁起が悪いとして箱館奉行羽太正養に新しい川の名を依頼し、羽太はこの地に多くのタンチョウが生息していたことから「鶴は千年、亀は万年」の故事にちなんで「支笏川」を「千歳川」と改名し、これが千歳の地名の語源となった。
 
地理
市域は東西に長く広がっており、面積は594.5 km2。西部は山岳地帯で支笏洞爺国立公園になっている。市街地は石狩平野南部に位置しており、標高15 m前後の低地である。千歳飛行場付近には日本国内で最も低い標高25 m前後の分水嶺がある。東部は馬追丘陵がある丘陵地帯になっている。豊かで清澄な水資源に恵まれており、ナイベツ川湧水(内別川)の水は「名水百選」に認定されているほか。2009年(平成21年)には「ちとせのしゃっこい水」として市内で販売された、支笏湖は湖沼の水質ランキングで度々日本一になっている。支笏湖湖畔には温泉(支笏湖温泉・支笏湖いとう温泉・丸駒温泉)がある。
 
山:漁岳(1,318 m)、恵庭岳(1,320 m)、フレ岳(1,046 m)、丹鳴岳(1,040 m)、樽前山(日本二百名山、1,041 m)、風不死岳(1,102 m)、モラップ山(507 m)、紋別岳(866 m)
河川:千歳川(日本の重要湿地500[16])、内別川、美々川、遠浅川、長都川、ユカンボシ川、勇舞川
湖沼:支笏湖、オコタンペ湖(特別保護地区)、千歳湖(沼)、長都沼
洞門:苔の洞門

気候
千歳市の気候は太平洋と日本海の気象影響を受ける分岐点にあり、年間の平均気温7℃前後と長野県軽井沢町とほぼ同じで内陸型の気候となっている。年間の降水量・降雪量ともに北海道内では比較的少ない地域である。最高気温の極値は2011年(平成23年)8月11日に観測された34.2℃、最低気温が1966年(昭和41年)1月19日に観測された-30.7℃、最大瞬間風速が1974年(昭和49年)4月21日に観測された34.6m/sとなっている。

人口
平成27年国勢調査による人口・世帯数は95,664人・40,614世帯で、人口増加数は札幌市に次ぐ北海道内第2位となった。2011年(平成23年)8月には北海道内で10番目の人口規模になった。
消滅集落
2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている。
千歳市 - 西森、紋別、幌美内、モラップ、支寒内、奥潭、水明郷、美笛、藤の沢、柏台南、柏台
 
 
歴史
千歳(シコツ)は札幌の低地帯と勇払原野の間にあり、太平洋と日本海を繋ぐ交通の要衝「千歳越え、シコツ越え」として知られていた。「シコツ」の地名は文献に初めて登場するのは1660年(万治3年)の『福山秘府』と言われており、その後の記述には「志古津」(シコツ)が登場している。この地域はアイヌと和人が交易する場として16の場所(シコツ十六場所)があり、江戸時代にはユウフツ場所に編入されて千歳川会所が置かれている。

年表
縄文時代より栄えた。アイヌも活動している。
平安時代の皇朝十二銭隆平永宝が流通している。
1644年(正保元年):『正保御国絵図』にシコツ越えが描かれる。
1658年(万治元年):志古津弁天堂(現在の釜加神社、千歳神社末社)建立。
1805年(文化2年):羽太正養(箱館奉行)が「シコツ」を「千歳」と命名。
1857年(安政4年):荒井金助・村垣淡路守(村垣範正)が石狩?千歳間道路(札幌越新道)開削。
1869年(明治2年):北海道に11国86郡が置かれ、胆振国千歳郡となる。
1873年(明治6年):札幌本道(後の国道36号)開通。千歳に開拓使駅逓所開設。
1880年(明治13年):苫小牧村に勇払外5郡役所開庁。千歳に千歳郡千歳村外五ヶ村戸長役場開庁(管轄は千歳村、烏柵舞村(うさくまい)、長都村、蘭越村、漁村、島松村)。
1888年(明治21年):さけ・ますふ化場(現在の北海道区水産研究所千歳さけます事業所)開設。
1897年(明治30年):漁村・島松村が分離。漁村外一ヶ村戸長役場(現在の恵庭市)開庁。千歳郡千歳村外四ヶ村戸長役場開庁(管轄は千歳村、烏柵舞村、長都村、蘭越村)。
1908年(明治41年):王子軽便鉄道(山線)運行開始(1951年廃止)。
1910年(明治43年):王子製紙千歳第一発電所送電開始。
1915年(大正4年):千歳村(千歳・烏柵舞・長都・蘭越の各村が合併)が北海道二級町村制施行。
1926年(大正15年):北海道鉄道札幌線(苗穂?沼ノ端間)開業。千歳停車場(千歳駅)、美々停車場(美々駅)設置(2017年廃止)。小樽新聞社の飛行機「北海」1号機(酒井憲次郎が操縦)が村民造成の離着陸場に着陸。
1934年(昭和9年):千歳飛行場完成。
1936年(昭和11年):千歳鉱山創立(1939年製錬所完成、1986年休山)。
1939年(昭和14年):一級町村制施行。海軍航空隊開庁(陸上攻撃機・艦上戦闘機部隊)。
1942年(昭和17年):町制施行し、千歳町となる。
1943年(昭和18年):鉄道省(日本国有鉄道の前身)が北海道鉄道を買収。国鉄(現在の北海道旅客鉄道)千歳線となる。
1949年(昭和24年):支笏湖地域が「支笏洞爺国立公園」指定。
1951年(昭和26年):民間航空再開し、千歳?羽田間に民間航空機就航。
1952年(昭和27年):町章制定。
1953年(昭和28年):千歳(千歳橋)?札幌(豊平町定山渓鉄道線踏切)間道路舗装竣工(弾丸道路)。
1954年(昭和29年):陸上自衛隊東千歳駐屯地開庁。
1957年(昭和32年):航空自衛隊千歳基地開庁。
1958年(昭和33年):市制施行し、千歳市となる。長都駅開業。丸駒?石山間、美笛?大滝間道路開通。
1960年(昭和35年):『全国レクリエーション大会』開催(支笏湖)。
1961年(昭和36年):『全国植樹祭』開催(支笏湖・モラップ)。千歳飛行場東側滑走路供用開始。
1963年(昭和38年):千歳空港ターミナルビル供用開始。
1964年(昭和39年):道央地域が「新産業都市」指定。
1965年(昭和40年):国鉄千歳線千歳?恵庭間複線化。
1967年(昭和42年):道立千歳病院移管となり、千歳市立病院開院。北海道内初の有料道路となる支笏湖畔有料道路開通(1984年無料化)。市内路線バス運行開始(北海道中央バス、千歳バス(現在の千歳相互観光バス))。
1969年(昭和44年):アメリカ合衆国アンカレッジと「姉妹都市」提携。
1971年(昭和46年):道央自動車道(道央道)初の供用区間となる北広島IC?千歳IC間開通(1972年に4車線供用開始)。
1975年(昭和50年):支笏湖温泉通湯式。
1977年(昭和52年):国設美笛野営場(現在の美笛キャンプ場)開設。支笏湖畔に国民休暇村(現在の休暇村)開設。
1978年(昭和53年):泉沢スキー場開設。
1979年(昭和54年):『千歳支笏湖氷濤まつり』初開催。市民憲章制定。『千歳川鮭まつり』(現在のインディアン水車まつり)初開催。泉沢向陽台開村式。
1980年(昭和55年):国鉄千歳線高架供用開始。千歳空港駅(現在の南千歳駅)開業。千歳線電化供用開始。
1981年(昭和56年):千歳国際空港開港指定。『千歳日航ポピュラーマラソン』(現在の千歳JAL国際マラソン)初開催。千歳観光連盟が済州道観光協会と姉妹提携。国鉄石勝線開業。
1984年(昭和59年):千歳市民文化センター開設。国道276号美笛峠新ルート開通。
1985年(昭和60年):ナイベツ川湧水が「名水百選」認定。
1986年(昭和61年):市の木・花・鳥制定。
1988年(昭和63年):新千歳空港開港。ノルウェーコングスベルグと「友好親善都市」提携。
1989年(平成元年):「道央テクノポリス地域」(テクノポリス)指定。『第44回国民体育大会』(はまなす国体)野球競技会開催。
1992年(平成4年):『国際連合アジア・太平洋経済協力千歳会議』(国連フォーラム)開催。新千歳空港ターミナルビル供用開始。新千歳空港駅開業。
1993年(平成5年):千歳市開基記念総合武道館開館。「千歳・苫小牧地方拠点都市地域」(拠点都市)指定。
1994年(平成6年):鹿児島県指宿市と「姉妹都市」提携。新千歳空港が日本国内初となる24時間開港(6枠)運用開始。インディアン水車公園「千歳サケのふるさと館」開館。
1996年(平成8年):新千歳空港B滑走路供用開始。千歳・苫小牧・恵庭災害時広域「相互応援協定」締結。市の魚(ヒメマス・サケ)制定。『国際農業シンポジウム』開催。
1997年(平成9年):『アジア太平洋経済社会委員会』(ESCAP)調整グループ会合開催。
1998年(平成10年):千歳科学技術大学開学。水産庁が市に譲渡した千歳市支笏湖ヒメマスふ化場開設。
1999年(平成11年):道央圏連絡道路新千歳空港ランプ?日の出ランプ間供用開始。千歳信用組合事業譲渡決定。「千歳川放水路計画」中止決定。道東自動車道(道東道)千歳恵庭JCT?夕張IC間開通。北央信用組合営業開始。
2001年(平成13年):道央農業協同組合(JA道央)発足。千歳アルカディア・プラザ開業。
2002年(平成14年):千歳科学技術大学大学院(修士課程)開設。市立千歳市民病院開院。
2003年(平成15年):道央圏連絡道路日の出ランプ?寿ランプ間供用開始。
2004年(平成16年):ペウレ千歳(現在の千歳ステーションプラザ)開業。中華人民共和国長春市と「友好親善都市」締結。
2005年(平成17年):千歳アウトレットモール・レラ開業。道の駅サーモンパーク千歳オープン。
2007年(平成19年):支笏湖漁業協同組合設立。
2010年(平成22年):新千歳空港国際線旅客ターミナルビル供用開始。千歳市防災学習交流センター「そなえーる」開設。道央圏連絡道路寿ランプ?中央ランプ間供用開始。
2012年(平成24年):航空自衛隊千歳硬式野球部が『第38回社会人野球日本選手権大会』初出場。
2013年(平成25年):北海道千歳高等支援学校開学。道央道新千歳空港IC供用開始。
2015年(平成27年):新千歳空港24時間運用枠拡大(30枠)。道の駅サーモンパーク千歳・サケのふるさと 千歳水族館リニューアルオープン。
2017年(平成29年):北海道千歳リハビリテーション大学開学。
2019年(平成31年):千歳科学技術大学が公立大学に移行。
 
姉妹都市・友好親善都市
姉妹都市
アメリカ合衆国の旗 アンカレッジ(アラスカ州)
1969年(昭和44年)4月21日提携
日本の旗 指宿市(鹿児島県)
1994年(平成6年)4月15日提携
 
友好親善都市
ノルウェーの旗 コングスベルグ(ブスケルー県)
1988年(昭和63年)8月31日提携
中華人民共和国の旗 長春市(吉林省)
2004年(平成16年)10月11日提携
 
財政
千歳市は2016年(平成28年)11月から「千歳市行政改革基本方針」を策定し、行政改革の大綱・実施計画・定員適正化計画(平成31年3月満了)を推進している。
予算(平成28年度)
総額:686.5億円
一般会計:377.3億円
特別会計:156.2億円
企業会計:119.8億円
 
財政指数
財政力指数:0.780 %(平成28年度)
経常収支比率:89.6 %(平成27年度)
実質公債費比率:9.8 %(平成27年度)
将来負担比率:82.1 %(平成27年度)
地方債現在高:385億05百万円(平成27年度決算)
ラスパイレル指数:97.6 %(平成28年4月1日)
 
基地対策
千歳市は、自衛隊基地「地域における生活環境又はその周辺地域の開発に及ぼす影響の程度及び範囲その他の事情」を防衛大臣によって考慮された結果として防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律第9条の「特定防衛施設関連市」に指定されており、例年は特定防衛施設周辺整備調整交付金を中央政府より受け取り、公共事業や教育経費など様々な用途に使用している。平成27年度の交付金事業(単年度)は全40事業で、交付金合計額は7億8,258万2千円となっている。また、現在継続中の特定防衛施設周辺整備調整交付金基金事業数は、平成28年9月1日時点で4事業(千歳市民文化センター改修事業、消防車更新事業、防犯灯整備事業、夜間急病センター整備事業)が継続中で、合計事業費総額は13億4,362万4千円程である。
北海道防衛局事業(政府事業)として、航空機騒音に伴う住宅防音工事の助成や航空機騒音に伴う移転措置事業があり、飛行場の騒音は低下傾向にあると市は説明しているが、市民は窓を開けられないため、夏は高音の室温で生活しなければならず、防音助成は昭和57年3月告示後の新築住宅には適用されず、また助成基準はうるささ指数75WECPNL以上(公害対策基本法第9条による環環境基準は70以下)の住宅しか対象にならず、また深夜早朝、土・日、祝日の飛行、午後10時から午前7時までの就寝時間帯でも無規制で飛行しているなど、未解決の騒音問題があることを市は認めている。このような事情から、千歳市は、「国防に伴う諸障害は一部の国民のみが負担するものではなく、広く国民全体が負担すべきである」との考えのもと、騒音対策を中央政府に求めている。
在日米軍再編に当たり、2005年(平成17年)10月29日の「日米安全保障協議委員会」(2プラス2)合意により、在日米軍訓練は米軍航空施設から他の軍用施設へ分散拡大されることになり、同年10月31日に札幌防衛施設局は千歳飛行場を訓練分散候補地に指定した。これ以降、千歳市は在日米軍訓練受け入れ自治体として在日米軍訓練対策を実施することになり、関連情報を市民に提供している。
 
立法
市議会
条例定数25名。議員数24名(1名欠員/平成28年11月4日現在)。 議長は香月出(2015年6月3日就任、無会派・自由民主党所属)。定例会時期は例年3月・6月・9月・12月。常任委員会は総務文教、厚生環境、産業建設の3会がある。
2015年4月26日から同年6月9日にかけて実施された「千歳市議会に関する市民アンケート調査」(回収率0.73 %、回答者平均年齢63.0歳)によると、回答者のうち議員報酬の減額を希望する市民は64.5 %、議員定数の削減を希望する市民は78.9 %であった。定数削減を希望する回答者には、「無投票になった理由は議員が多すぎるから」「千歳市は自衛隊の町、一般市民から考えた場合20名程で十分」「100%原案通り可決されては議員じゃなく行政の仕事そのままでは」などとコメントする者もいた。この結果を受け、千歳市議会は2016年(平成28年)12月、議員定数を2議席減らす定数削減案を議決した。議会党派は自民の1強状態で、千歳は自衛隊のまちだけに自衛官OBの市議が多数いるのが特徴。選挙では、新人を含めて出身組織の現役自衛官はもとよりOB、家族を含めた水面下での支援者の囲い込みや奪い合いは必至と苫小牧民報社は分析している。
 
官公署
国の機関

法務省
矯正局札幌矯正管区
北海少年院
紫明女子学院
出入国在留管理庁札幌出入国在留管理局千歳苫小牧出張所
 
財務省
函館税関千歳税関支署
 
厚生労働省
北海道労働局千歳公共職業安定所(ハローワーク千歳)
小樽検疫所千歳空港検疫所支所
 
農林水産省
横浜植物防疫所札幌支所新千歳空港出張所
動物検疫所北海道出張所
林野庁北海道森林管理局石狩森林管理署
千歳森林事務所
支笏森林事務所
 
国土交通省
北海道開発局札幌開発建設部
千歳川河川事務所
千歳道路事務所
千歳空港建設事業所
東京航空局新千歳空港事務所
気象庁札幌管区気象台新千歳航空測候所
海上保安庁第一管区海上保安本部千歳航空基地
 
環境省
北海道地方環境事務所支笏湖自然保護官事務所
 
防衛省
北海道防衛局千歳防衛事務所
陸上自衛隊北部方面隊
第7師団司令部
東千歳駐屯地
北千歳駐屯地
航空自衛隊航空総隊北部航空方面隊
第2航空団司令部
第3高射群

千歳基地
自衛隊札幌地方協力本部
千歳地域事務所
千歳・恵庭地域援護センター
東千歳常駐組
北千歳常駐組
防衛装備庁千歳試験場
 
道の機関
北海道千歳保健所
独立行政法人・特殊法人等
独立行政法人
水産研究・教育機構北海道区水産研究所千歳さけます事業所
特殊法人等
日本放送協会札幌放送局千歳支局

公共施設
千歳市休日夜間急病センター
千歳市総合福祉センター・千歳市総合保健センター
千歳市グリーンベルト地下駐車場
千歳市防災学習交流施設
千歳市公設地方卸売市場
千歳市営牧場・育成畜舎
千歳市支笏湖ヒメマスふ化場
千歳市葬斎場
千歳市廃棄物焼却処理施設
千歳市廃棄物再資源化施設
 
文化・スポーツ施設
千歳市民文化センター(北ガス文化ホール)
千歳市民ギャラリー
千歳市青少年会館
千歳市立千歳公民館
千歳市立図書館
千歳市埋蔵文化財センター
千歳市スポーツセンター(ダイナックス アリーナ)
千歳市民球場
青葉球場
青葉陸上競技場
青葉公園ラグビー場
青葉公園スケート場
千歳市温水プール
千歳市開基記念総合武道館
 
公的機関
警察
千歳警察署
駅前交番、新富交番、本町交番、住吉交番、向陽台交番、支笏湖駐在所、泉郷駐在所、空港警備派出所
 
消防
千歳市消防本部
消防署富丘出張所、消防署向陽台出張所、消防署西出張所、消防署支笏湖温泉出張所、消防署祝梅出張所
電気・ガス・水道
北海道電力千歳支社
北海道ガス千歳支店
千歳市水道局
病院
いずみ会北星病院
尾谷病院
向陽台病院
資生会千歳病院
市立千歳市民病院
千歳桂病院
千歳第一病院
千歳豊友会病院
報道機関
新聞社
苫小牧民報社千歳本社(千歳民報発行)
北海道新聞社千歳支局、新千歳空港記者室
朝日新聞北海道支社千歳支局、新千歳空港分室
読売新聞北海道支社千歳通信部
毎日新聞北海道支社千歳通信部
地域新聞・フリーペーパー
えにわ・ちとせ情報紙 (えにわ・ちとせ版)
メディアコム(生活情報紙ちゃんと)
その他
日本海さけ・ます増殖事業協会
自衛隊
航空管制塔(2010年4月)
千歳市には陸上自衛隊東千歳駐屯地・北千歳駐屯地、航空自衛隊千歳基地の各部隊が所在している。
陸上自衛隊第7師団は北部方面隊に属する陸上自衛隊唯一の機甲師団として戦車を主体とした重戦力を保有しており、東千歳駐屯地に師団司令部を置き石狩管内南部地区と胆振・日高管内、空知管内の一部を警備担当区域としている。第1特科団は北千歳駐屯地に団本部を置く陸上自衛隊唯一の特科団であり、地対艦誘導弾、自走榴弾砲などを有する野戦砲部隊である。第1高射特科団は東千歳駐屯地に団本部を置く陸上自衛隊最大の高射特科団で、航空自衛隊と連携して北海道の防空を担っている。
航空自衛隊千歳基地は北海道の第一線航空基地として北部航空方面隊に属する第2航空団が展開している。第2航空団は戦闘航空団で、北日本全空域の領空侵犯に対処するほか、陸上・海上自衛隊の作戦行動に対する支援に当たっている。また、基地には日本国政府専用機を運用する特別航空輸送隊を配備しており、千歳飛行場に格納庫がある。
千歳管制隊は千歳飛行場、新千歳空港とその周辺の空域の航空交通管制業務を行っている。
部隊
陸上自衛隊北部方面隊
東千歳駐屯地
第7師団司令部
第11普通科連隊
第7特科連隊
第7後方支援連隊
第7偵察隊
第7施設大隊
第7通信大隊
第7化学防護隊
第7音楽隊
第7高射特科連隊(一部)
第1高射特科団本部
北部方面混成団本部
第1電子隊
第1高射特科群
第101高射直接支援大隊
北千歳駐屯地
第1特科団本部
第1特科群
第1地対艦ミサイル連隊
第101特科直接支援大隊
第71戦車連隊
第7後方支援連隊(一部)
第1高射特科群(一部)
航空自衛隊北部航空方面隊
千歳基地
第2航空団
第1移動警察隊
第3高射群
北部航空施設隊第2作業隊
千歳救難隊
基地防空教導隊
千歳管制隊
千歳気象隊
特別航空輸送隊
第3移動通信隊
千歳地方警務隊
 
教育機関
大学
公立千歳科学技術大学
北海道千歳リハビリテーション大学
 
専修学校
日本航空専門学校千歳キャンパス
 
高等学校
北海道千歳高等学校
北海道千歳北陽高等学校
 
中学校
千歳市立千歳中学校
千歳市立青葉中学校
千歳市立東千歳中学校
千歳市立富丘中学校
千歳市立北斗中学校
千歳市立向陽台中学校
千歳市立勇舞中学校
千歳市立北進中学校(小中併設校)
千歳市立駒里中学校(小中併設校)
 
小学校
千歳市立千歳小学校
千歳市立北栄小学校
千歳市立末広小学校
千歳市立緑小学校
千歳市立千歳第二小学校
千歳市立支笏湖小学校
千歳市立日の出小学校
千歳市立信濃小学校
千歳市立高台小学校
千歳市立東小学校
千歳市立祝梅小学校
千歳市立桜木小学校
千歳市立向陽台小学校
千歳市立北陽小学校
千歳市立泉沢小学校
千歳市立北進小学校(小中併設校)
千歳市立駒里小学校(小中併設校)

特別支援学校
北海道千歳高等支援学校
認定こども園・保育園等
認定こども園
千歳市立認定こども園 ひまわり
千歳市立認定こども園 つばさ
北斗 認定こども園
アリス 認定こども園
認定こども園 千歳春日保育園
あずさ 認定こども園
認定こども園 北陽幼稚園・第2北陽保育園
認定こども園千歳第2幼稚園
住吉認定こども園
認定こども園つくし保育園
認定こども園向陽台つくし幼稚園
認可保育所
向陽台保育園
第2住吉保育園
小規模保育
ありんこ保育室
こだま保育園
さくら保育園
ステップ赤ちゃんる~む
北陽保育園
育未保育園
千歳春日保育園ポケット
ニチイキッズ おさつ駅前保育園
事業所内保育
ダイナックスこどもくらぶ
千歳みどりの保育園
夜間保育所(認可外保育施設)
たんぽぽ夜間保育園
民間認可外保育所
キッズハウス オハナ
ちびっこランド千歳園
事業所内保育所(認可外保育施設)
市立千歳市民病院 院内保育室
いずみ保育園
市立認可外保育所(へき地保育所)
支笏湖保育所
東千歳保育所
中央保育所
駒里保育所
幼稚園
千歳幼稚園
メリー幼稚園
第2メリー幼稚園
千歳わかば幼稚園
第2わかば幼稚園
つくし幼稚園
くるみ幼稚園
青葉幼稚園
学校教育以外の施設
千歳速算学校
千歳自動車学校
 
経済・産業
千歳市の産業別人口の構成比は、第一次産業が2.7 %、第二次産業が17.9 %、第三次産業が73.5 %になっている。事業所は宿泊・飲食サービス業と運輸・郵便業の割合が高いほか、製造業の従業員数の構成比が高いことが特徴になっている。これは支笏湖などの観光地があること、新千歳空港の利用者による宿泊が多いこと、飲食については若年者が多いこと、千歳市は1事業所当たりの従業者数が多い比較的大規模な工場が立地していることが挙げられる。農業では農業基盤整備をもとに大規模経営と近代化を進めており、作付面積の大きい作物に小麦、てん菜、大豆などがある。水産業ではサケ・サクラマスのふ化・放流事業が行われており、日本海の北海道西部海域におけるサケ・マス増殖事業の中心的な役割を担っているほか、支笏湖ではヒメマスのふ化事業を実施している。工業では工業団地、工業系団地への企業の立地件数は250社を超えており、千歳市の製造品出荷額は北海道内で苫小牧市、室蘭市、札幌市に次ぐ第4位となっている。商業では新千歳空港の空港ターミナルビルや北海道内最大級のアウトレットモールがあり、北海道内外から幅広く集客する商業施設になっている。商店街は商店街振興組合連合会に6つの商店街振興組合と1つの振興会が加入している。
 
工業団地
千歳第1工業団地
千歳第2工業団地
千歳第3工業団地
千歳第4工業団地
千歳臨空工業団地
千歳サイエンスパーク
千歳美々ワールド
千歳流通業務団地
千歳市根志越業務団地
千歳オフィス・アルカディア
新千歳空港ロジスティックスセンター

組合
道央農業協同組合(JA道央)千歳支店、東千歳支店
みなみ北海道農業共済組合(NOSAIみなみ)石狩支所南部家畜診療センター
支笏湖漁業協同組合
千歳市森林組合
千歳市環境整備事業協同組合
千歳市管工事業協同組合
千歳自動車整備協同組合

商業施設
ショッピングセンター・スーパーマーケット
イオン北海道(イオングループ)
イオン千歳店
北海道空港
新千歳空港旅客ターミナルビル
セントラルリーシングシステム
千歳ステーションプラザ
ジョーンズ ラング ラサール
千歳アウトレットモール・レラ
ラルズ(アークスグループ)
スーパーアークス長都店(ちとせモール内)
ビッグハウス千歳店
北雄ラッキー
ラッキー千歳錦町店
生活協同組合コープさっぽろ苫小牧地区
パセオすみよし店
向陽台店
豊月
フードD365千歳店(旧フードD5→千歳食彩館)
ホクレン商事
ホクレンショップ東郊店
トライアルカンパニー
スーパーセンター千歳清流店
神戸物産
業務スーパー千歳店
 
金融機関
北洋銀行千歳中央支店、千歳富丘支店、祝梅支店、千歳空港出張所
北海道銀行千歳支店
苫小牧信用金庫千歳支店、長都支店
北海道信用金庫(旧札幌信用金庫)千歳支店
北門信用金庫千歳支店
北央信用組合千歳支店、末広支店、北栄支店
北海道労働金庫千歳支店
JAバンク北海道(北海道信用農業協同組合連合会)JA道央千歳支店、東千歳支店
 
郵便
千歳郵便局(集配局):東部地区を除く全域(東部地区は三川郵便局(由仁町)が集配エリア)
 
宅配便
ヤマト運輸千歳主管支店
千歳駅前センター・千歳北斗センター
千歳旭ケ丘センター・千歳花園センター
千歳泉沢センター
佐川急便
千歳営業所
千歳空港営業所
日本通運
千歳空港営業所
福山通運
千歳営業所
 
交通
空港
新千歳空港
2本の並行滑走路の南半分と千歳飛行場の東側滑走路南端は、苫小牧市の市域となっている。
鉄道
多くの特急列車が南千歳駅に停車しているが、JTB時刻表では乗降数が多い千歳駅が中心駅になっている。なお、室蘭本線追分駅 - 三川駅で市内東部を通っているが駅はない。
JR logo (hokkaido).svgJR北海道
■千歳線:長都駅 - 千歳駅 - 南千歳駅
■千歳線(支線):南千歳駅 - 新千歳空港駅
■石勝線:南千歳駅
 
バス
路線バス会社
北海道中央バス
千歳相互観光バス
道南バス
あつまバス
新千歳空港乗り入れバス会社
路線バス
北海道中央バス
北都交通
道南バス
千歳相互観光バス
あつまバス
連絡バス
* 北海道中央バス
北都交通
道南バス
おびうん観光
網走観光交通
ニセコバス(季節便のみ)

タクシー
小型車の初乗り上限運賃は550円。中型車の初乗り上限運賃は570円(いずれも距離制)。
金星自動車(金星ハイヤー)千歳営業所
北都交通ハイヤー千歳営業所
千歳交通(千歳ハイヤー)
ゆたか交通(ゆたかハイヤー)
道央交通(道央ハイヤー)
千歳昭和交通(昭和ハイヤー)
札幌エムケイ千歳営業所
 
道路
高速道路
道央自動車道(北海道縦貫自動車道):千歳恵庭JCT - 千歳IC - 新千歳空港IC
道東自動車道(北海道横断自動車道):千歳恵庭JCT - 千歳東IC - キウスPA
地域高規格道路
道央圏連絡道路:新千歳空港ランプ - 日の出ランプ - 寿ランプ - 祝梅ランプ - 中央ランプ
一般国道
国道36号
国道234号
国道274号
国道276号
国道337号
国道453号
都道府県道
北海道道10号千歳鵡川線
北海道道16号支笏湖公園線
北海道道77号千歳インター線
北海道道78号支笏湖線
北海道道130号新千歳空港線
北海道道141号樽前錦岡線
北海道道226号舞鶴追分線
北海道道258号早来千歳線
北海道道600号島松千歳線
北海道道730号丸駒線
北海道道870号幌内三川停車場線
北海道道872号支笏湖公園自転車道線
北海道道967号馬追原野北信濃線
北海道道1045号千歳白老線
北海道道1091号泉沢新千歳空港線
北海道道1149号南千歳停車場線
北海道道1175号新千歳空港インター線
道の駅
サーモンパーク千歳
文化財
山線鉄橋(2009年10月)
国指定
史跡
キウス周堤墓群                                                      
ウサクマイ遺跡群
重要文化財
動物形土製品
土面
北海道美々8遺跡出土品
重要無形民俗文化財
アイヌ古式舞踊
天然記念物
北海道犬
市指定
史跡
美々貝塚
有形文化財
千歳神社境内釜加神社弁財天御厨子
磨製石棒
男性土偶
蕨手刀
駅逓看板
山線鉄橋
無形文化財
泉郷獅子舞
アイヌの伝統的芸能と工芸技術
観光地
支笏湖エリア
支笏湖
オコタンペ湖(特別保護地区)
風不死岳
樽前山(日本二百名山)
恵庭岳
紋別岳
美笛の滝
苔の洞門(閉鎖中)
山線鉄橋(近代化産業遺産)
王子製紙千歳第一発電所(近代化産業遺産、土木学会選奨土木遺産)
休暇村支笏湖
支笏湖ユースホステル
支笏湖温泉
支笏湖いとう温泉
丸駒温泉
美笛キャンプ場
モラップキャンプ場
支笏湖と水中観光船(2009年10月)
支笏湖ビジターセンター(2009年10月)
市街地エリア
新千歳空港
シュタイフ ディスカバリーウォーク
ロイズ チョコレートワールド
ハローキティ ハッピーフライト
ドラえもん わくわくスカイパーク
ソラシネマちとせ
新千歳空港温泉
千歳アウトレットモール・レラ
新千歳モーターランド
北海道オフロードパーク
千歳湖(沼)
名水ふれあい公園(名水百選、冬季閉鎖)
ウサクマイ遺跡群
青葉公園
千歳タウンプラザ
サケのふるさと 千歳水族館(道の駅サーモンパーク千歳内)
インディアン水車
千歳市防災学習交流センター「そなえーる」
千歳市埋蔵文化財センター
人物
名誉市民
中川種次郎(元千歳外3村戸長、町議会初代議長)
渡辺栄蔵(元村・町議会議員、元町議会議長)
山崎友吉(元町長、初代市長)
伊藤弘(元町議会議員、元商工会議所会頭、元道議会議員)
吉田信一(元小学校長、元町・市議会議員、元市議会議長)
米田忠雄(元市長、元道議会議員)
松樹亮渓(元村助役、元選管委員長、元社会福祉協議会会長)
東峰元次(元市助役、元市長)
東川孝(元市収入役、元市長)
出身人物
50音順
石井幸喜(元プロボクサー、日本初のアマチュア世界選手権銅メダリスト)
伊藤羽仁衣(ファッションデザイナー。HANY WEDDING代表)
井村仁(ノイズ演奏家・MOLESTER・グラフィックデザイナー)
宇野章午(UHBアナウンサー)
太田英昭(フジ・メディア・ホールディングス代表取締役社長)
忍足亜希子(女優)
KEI(イラストレーター)
琴千歳幸征(力士)
今野宏美(声優)
佐藤友哉(小説家)
島みやえい子(歌手)
清水泰而(ミュージシャン。怒髪天メンバー)
小娘(シャオニャン)(北海道の千歳市発、千産千唱アイドルユニット)
鈴木愛奈(声優)
高遠菜穂子(ボランティア活動家)
成田智志(作家)
伏見寅威(プロ野球選手)
真鶴照久(力士)
中野洋一(経済学者)
ゆかりのある人物
50音順
ASKA(福岡県生まれ。少年期を千歳市で過ごす)
佐藤誠(プロ野球選手。山形県生まれ。幼少期を千歳市で過ごす)
千代大海龍二(元大関。千歳市出生。大分市育ち)
半澤孝平(詩人)
矢部みほ(タレント。千歳北陽高校に1年通学)
ヤマザキマリ(漫画家)
スポーツチーム
航空自衛隊千歳硬式野球部 - 航空自衛隊の千歳基地を拠点に活動している社会人野球チーム。
TRANSYS - 社会人野球のクラブチーム。
市民憲章・都市宣言
千歳市民憲章
世界をつなぐ 北の大空。千歳川の 清い流れ。開拓 ここに一世紀。私たちは、誇りある千歳市民です。郷土の発展と、お互いのしあわせを願い、この憲章をかかげて、力強く前進をつづけます。
1 心身をきたえ,仕事にはげみ、明るく 若々しい まちにしましょう。
1 自然を愛し、季節に親しみ、快よく 楽しい まちにしましょう。
1 きまりを守り、力を合わせて、美しく 住みよい まちにしましょう。
1 年よりを敬い、子供の夢をはぐくみ、温かく 平和な まちにしましょう。
1 文化を育て、希望にみちた、豊かな おちついた まちにしましょう。
??昭和54年7月1日制定
都市宣言
交通安全都市宣言(昭和37年3月12日)
清く明るく正しい選挙都市宣言(昭和41年12月22日)
青少年健全育成都市宣言(昭和43年3月27日)
スポーツ都市宣言(昭和45年6月29日)
暴力追放・防犯都市宣言(昭和63年3月28日)
 


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック