トップ  > 神社仏閣  > 千葉県(南房総市)・厳島神社

千葉県(南房総市)・厳島神社

千葉県(南房総市)・厳島神社
20190804

神社も隣にあるからひとまとめに投稿すればいいものを分けないと気がかすまないww
 
横の出口は灯台の通路になってるのにw
 
灯台に登った後だから、さすがに境内が涼しいとはいえない。厳島神社も結構、各地にあるよね?
 
そして立派なモノもございました(笑)
 
感謝
 
二拝二拍一拝
 

基本情報
所在地:〒295-0102 千葉県南房総市白浜町白浜629
 
 
 
 
 
 
 
 
【南房総市の概要】
南房総市(みなみぼうそうし)は、千葉県南部の安房地域に位置する市。関東地方および千葉県最南端。南房総観光圏の観光都市。市域は森林セラピー基地、海岸部は南房総国定公園に指定されている。
 
概要
温暖な気候を生かしたアイリス・キンセンカなどの花卉栽培や房州ビワの産地として知られ、生産量は日本一である。
日本酪農発祥の地である峯岡牧を始めとした酪農や、アワビ・テングサなどの漁業も著名である。全国モデル道の駅である道の駅とみうらを始め、日本最多の道の駅数である。
市役所は当面、旧富浦町役場を使用するが、富浦地区が南房総市の地理的・経済的な中心地というわけではない。人口が最も多いのは千倉地区だが、合併前まで警察署が置かれるなど(千倉署が旧千倉町、旧白浜町、旧丸山町、旧和田町を管轄→合併後は南房総市全域が館山警察署の管轄)、外房側地区の中心地ではあるものの、内房側の各地区や三芳地区から見た場合、千倉地区は中心地とはいえない。よって南房総市は、特に商業、医療などの面では館山市への依存状態にあるといえる。ただし和田地区は鴨川市との結びつきも強い。

地理
千葉県南部・最南端に位置し、県庁所在地である千葉市から約70キロメートルに位置する。東京都の都心から70 - 80キロメートル圏内である。なお、東京都(特に東京国際空港)や神奈川県からは東京湾アクアラインを利用した場合が最短の移動距離となる。都市雇用圏における館山都市圏に含まれており、館山市への通勤率は21.0%(平成22年国勢調査)。
東京湾(内房)と太平洋(外房)に面しており、安房地域の西部、房総半島の最南端、房総丘陵を抱え三方を海に囲まれた温暖な地域である。千葉県の最南端である旧白浜町は太平洋に面しており、伊豆諸島や、空気の澄んだ時などには伊豆半島も遠望できる。直下には鴨川低地断層帯が所在する。市域は森林セラピー基地に認定されている。
行政区域は館山市を取り囲む形となっており、同市を挟んで内房側を富山・富浦地区、外房側を白浜・千倉・丸山・和田地区、館山市の北に隣接する内陸の地区を三芳地区と呼称する。
三芳地区は内房側、外房側の各地区と道路で結ばれており、また内房側の各地区と外房側の各地区も、山中を通過する道路でつながってはいるが、鉄道や幹線道路を利用して最短距離で移動するためには館山市を通過する必要がある。後述するように館山市を含めた合併が破談となり、周辺町村のみで合併したため、このような変則的な行政区域となったが、館山市とは同一生活圏にある。

隣接している自治体
館山市
鴨川市
安房郡:鋸南町
 
歴史
沿革
本地域が位置する安房地域は718年(養老2年)に上総国から分かれ、明治初期まで安房国と呼ばれていた。国府は旧三芳村に置かれ、条里制の遺構も見られる。かつては多数の荘園があり、これらは中世末まで統治者の交代を繰り返した。
戦国時代に入り、15世紀中頃に里見氏が安房統一を果たし、戦国末期に館山城を築城し、安房国統治の拠点とした。江戸時代初期、里見氏は江戸幕府により1614年(慶長19年)に改易され、以降この地は旗本領、天領、小大名の領地として分割統治された。
近代に入り、1878年(明治11年)の郡区町編制法施行により郡制を施行、1897年(明治30年)には「交通の便が相互にあり且つ民族風俗に大差がない」という理由から、安房郡、平郡、朝夷郡、長狭郡の4郡を合併して、昭和期の安房郡の前身となる「安房郡」が形成された。
2006年(平成18年)3月20日に安房郡富浦町、富山町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町、和田町が合併し、南房総市が発足した。
 
合併の経緯
2000年(平成12年)12月に千葉県が発表した「合併推進要綱」では、安房地域の合併の枠組みは「(1)館山市・鴨川市・富浦町・富山町・鋸南町・三芳村・白浜町・千倉町・丸山町・和田町・天津小湊町」「(2)館山市・富浦町・富山町・鋸南町・三芳村・白浜町・千倉町・丸山町・和田町」「(3)鴨川市・和田町・天津小湊町」の3通りが示された。
これを受け、鴨川市、鋸南町、天津小湊町を含む安房郡市2市8町1村でまず合併の検討が始まり、2002年(平成14年)9月4日に任意合併協議会を設置した。しかし、合併の枠組みで議論が分かれ、安房地域全体での市町村統合を断念し、2003年(平成15年)1月に任意合併協議会は解散することとなった。
 
その後、上記の枠組みである1市8町村で合併を検討することとなり、2003年(平成15年)1月に法定合併協議会準備会を設置し[、法定合併協議会を設置して同年4月23日に第1回の会議を開いた
新市名は全国を対象とした一般公募を行い、「館山」が1位となったが8町村が「南房総市」を主張して館山市側と対立し、2004年(平成16年)1月30日に賛成多数で「南房総」とした。
また、合併前に役場や小学校などの新築をするいわゆる「駆け込み公共事業」についても、同年9月30日に館山市議会がそうした事業の抑制促す決議をするなど[21]、同市以外の8町村が対立した。
2004年(平成16年)2月25日に館山市議会は合併協議会からの離脱を決議して、これを受け館山市の2委員が翌日の26日の協議会から退席して協議を事実上離脱し、同年4月23日までに館山市以外の8町村が廃止決議を行って[、同月に合併協議会の廃止同意書交わし解散することになった。
館山市を除く8町村は間もなく8町村のみの合併を検討し始め、同年5月31日に8町村による「検討会」を設置した。
 
和田町では鴨川市との合併の是非を問う住民投票が行われることとなったために検討会参加が一旦保留となり、2004年(平成16年)7月に行われた住民投票で反対多数となったことを受けて検討会に再び参加し、8月9日には8町村による法定合併協議会に移行し、同月16日に初会議を開催した。
同年9月に鋸南町では町長が8町村での合併に異議を唱えて合併協議からの離脱を表明し、8町村での合併に前向きな町議会と対立したため辞任した。11月に行われた町長選では、富山町・富浦町・三芳村との合併推進を唱えた現職と、8町村合併を唱えた前町議会議長、館山市・富山町・富浦町・三芳村との合併を唱えた市民オンブズマン出身者による争いとなったが[、現職が当選したことにより、鋸南町を含む8町村合併はなくなった。
 
同町長が公約で合併相手に挙げた富山町・富浦町・三芳村はいずれも、鋸南町を除いた7町村合併に賛同したため、鋸南町は単独町制の継続を余儀なくされることとなった。
同年12月15日に鋸南町を除く7町村は改めて法定合併協議会を設置し、2005年(平成16年)2月8日に合併協定に調印、7町村議会、千葉県議会での議決を経て、同年5月12日に総務大臣が7町村による南房総市発足を官報に告示した。
この間、白浜町では館山市との合併を求める住民が、2004年(平成16年)11月11日に同市との合併を求める住民投票請求を署名3,131人を集めて提出し、12月9日に同町当局に受理された。同市が議会に付議しなかった。
合併に伴う住所表記、電話番号の変更
※郵便番号、電話番号は新市移行後も引き継ぐ。
富山町・三芳村・丸山町の場合、旧町村名から南房総市への表記変更のみ。昭和の大合併以後にできた歴史の浅い自治体名のため残さない。
例「安房郡富山町○○ ××番地 → 南房総市○○ ××番地」
富浦町・白浜町・千倉町・和田町の場合、南房総市+旧町名併記。昭和の大合併以前にできた歴史ある自治体名のため残した。
例「安房郡富浦町○○ ××番地 → 南房総市富浦町○○ ××番地」
また、番地表示については「××番地の×」の「の」は表示が必要無くなる。
例「安房郡富浦町○○ ××番地の× → 南房総市富浦町○○ ××番地×」
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。
金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック