トップ  > 道の駅  > 道の駅・発酵の里こうざき

道の駅・発酵の里こうざき

道の駅・発酵の里こうざき
20190906
 
新しいんだと思うけど、駐車場が高速道路のサービスエリアみたいに斜めに駐車するようになってる。
 
これ、結構、苦手なんだよね(汗)
 
車中を締め切ってしまえばいいんだけど、なんとなくね。
 
 
基本情報
所在地:〒289-0224 千葉県香取郡神崎町松崎855
電話:0478-70-1711
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【香取郡神埼町の概要】
神崎町
神崎町(こうざきまち)は、千葉県北部の香取地域に位置し、香取郡に属する町。都市雇用圏における成田都市圏。江戸時代には利根川の水運により栄え、醸造関連遺産は近代化産業遺産に認定されている。
 
地理
千葉県北部に位置し、県庁所在地である千葉市から約40キロメートルの距離である。東京都の都心から60 - 70キロメートル圏内である。都市雇用圏における成田都市圏に含まれており、成田市への通勤率は28.1%(平成22年国勢調査)。
 
平野は関東平野に含まれ、平坦であり水田地帯が広がる。利根川の南岸に位置する。
河川:利根川(一級河川)、八間川
 
隣接自治体
香取市、成田市
茨城県:稲敷市、稲敷郡河内町
 
歴史
沿革
1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行に伴い、神崎村と米沢村が発足。
1890年(明治23年)3月12日 - 神崎村が町制施行し神崎町(初代)となる。
1898年(明治31年)2月3日 - 郡駅(現在の下総神崎駅)が開業。
1955年(昭和30年)1月5日 – 神崎町と米沢村が合併し、神崎米沢町が発足。同日改称し、神崎町(2代目)になる。
1965年(昭和40年) - 国道356号が制定。
1967年(昭和42年)5月 – 利根川を渡る神崎大橋が開通。
2014年(平成26年)4月12日 - 首都圏中央連絡自動車道神崎インターチェンジが供用開始。

人口
平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減を見ると、4.97%減の6,133人であり、増減率は千葉県下54市町村中34位、60行政区域中40位。また、千葉県の市町村の中で最も人口が少ない。

行政
町長
町長
椿等
国政
衆議院
選挙区:全域が千葉県第10区に属する。
参議院
選挙区:千葉県選挙区に属する。
 
県政
千葉県議会
選挙区:香取郡で一つの選挙区をなす。
 
経済
農業、商業、工業への支援・援助や多面的機能支払交付金事業、就労支援を実施している。
 
産業
基幹産業は第一次産業が盛んである。良質な米の産地であることや地下水が醸造に適した水質であるため、江戸時代から300年以上続く日本酒や味噌などの醸造業が盛んな地域である。農繁期には米づくりが盛んで、21世紀農業を見据えた大区画圃場整備による近代的営農経営も進んでいる。この他、野菜や果物、バラに代表される花木栽培も盛んである。
武田地区には工場や倉庫を計画的に立地させた神崎工業団地が整備されている。古原地区にはゴルフ場が点在する。
 
農業(米、野菜、果物など)
花木栽培
醸造業
本社・本店を置く企業
株式会社寺田本家(蔵元・醸造業、延宝年間創業)
鍋店株式会社(蔵元・醸造業、元禄2年創業)
 
地域
医療
二次医療圏(二次保健医療圏)としては香取海匝医療圏(管轄区域:香取地域・海匝地域)である。三次医療圏は千葉県医療圏(管轄区域:千葉県全域)。
医療提供施設は特筆性の高いもののみを記載する。
 
二次医療圏
総合病院国保旭中央病院(旭市、基幹災害拠点病院・救命救急センター)
千葉県立佐原病院(香取市、災害拠点病院・救急機関センター)
 
教育
中学校
神崎町立神崎中学校
小学校
神崎町立神崎小学校
神崎町立米沢小学校
特別支援学校
千葉県立香取特別支援学校
 
交通
鉄道路線
下総神崎駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)
■成田線
- 下総神崎駅 -
バス路線
高速バス
「大阪 - 銚子線」および「利根ライナー」も参照
大阪 - 銚子線
なんば高速バスターミナル - OCAT - 京都駅八条口 - 発酵の里こうざき - 佐原駅北口 - 小見川 - 銚子駅) ※夜行高速バス、南海バスと千葉交通の共同運行。
利根ライナー(佐原ルート)
浜松町バスターミナル - 東京駅八重洲口 - 酒々井プレミアム・アウトレット - 発酵の里こうざき - 佐原駅北口 - 小見川 - 銚子駅) ※千葉交通が運行。
 
路線バス
神崎町循環バス
2015年7月16日から2016年12月25日までの期間で、神崎町を含めた周辺5市町村で「圏央道北東エリア 高速バス実証実験」が行われた。
あみプレミアム・アウトレット - 稲敷美浦バスターミナル - 道の駅発酵の里こうざき - 成田空港第1ターミナル ※関東鉄道・ジェイアールバス関東の共同運行。
 
道路
神崎大橋(千葉県道江戸崎神崎線)
神崎大橋(千葉県道江戸崎神崎線)
道の駅発酵の里こうざき
道の駅発酵の里こうざき
高速道路
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
(茨城県:稲敷郡河内町) - 神崎IC - (成田市)
 
一般国道
国道356号
一般県道
千葉県道107号江戸崎神崎線
千葉県道110号郡停車場大須賀線
自転車道
千葉県道409号佐原我孫子自転車道線
 
橋梁
利根川橋(首都圏中央連絡自動車道稲敷東IC - 神崎IC)
神崎大橋(千葉県道107号江戸崎神崎線)
 
道の駅
道の駅発酵の里こうざき

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
名所・旧跡・観光スポット
なんじゃもんじゃの木(国指定天然記念物)
神崎神社
なんじゃもんじゃの木(国指定天然記念物)
神宮寺
醸造関連遺産(フジハン醤油旧米蔵・醤油蔵・醤油店舗)
こうざき天の川公園
 
祭事・催事
詳細は神崎町年間行事を参照。
発酵の里こうざき酒蔵まつり(3月)
神崎神社節分祭(2月3日)
神崎河川敷祭(神崎寺の火渡り修行)(4月29日)
祇園祭(各地区)(7月)
町民運動会(10月)
町民文化祭(10月下旬 - 11月上旬)
なんじゃもんじゃいきいきフェスティバル(11月23日)
神崎ステーションホールイルミネーション(12月)
 
文化財
国・県指定および国登録文化財一覧。
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。
金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック