トップ  > ブログ  > テレワーク

テレワーク

テレワーク
20200220
 
テレワーク(英: telework)あるいはテレコミューティング(英: telecommuting)とは、勤労形態の一種で、情報通信技術(ICT、英: Information and Communication Technology)を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態をいう。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼びます。
 
歴史
テレワークは、1970年代にアメリカ合衆国のロサンゼルス周辺でエネルギー危機とマイカー通勤による大気汚染の緩和を目的として、はじめられた。1980年代前半にはパソコンの普及と女性の社会への進出に伴い、テレワークが注目されるようになった。
 
特徴
テレワークの特徴は、「職場など一定の場所に縛られずにどこでも仕事ができる」ことである。そして職場以外で仕事ができると言うことは、労働時間の管理・把握が困難となり、必然的に「労働時間の不可視化」が起こる。そのため、管理困難に対応すべく労働者に一定の裁量権を与えて決められたノルマをこなす、というように「テレワーカーに一定の裁量権が与えられる」ことになる。
 
テレワークの利点
テレワークにはいくつかの利点があると評価され、世界各国にテレワークの研究や普及促進する団体が存在する。
日本政府は、テレワークには交通渋滞や大気汚染(在宅勤務者が増えることによる交通機関利用者の減少)などの都市問題や地域活性化、少子化、高齢化などの社会問題解決の手段として有効であると期待し、推進している。またパンデミック対策の一つでもある。留意点としては、これらの利点は従前通勤勤務であった労働者が在宅勤務へと変わることにより期待されるという点である。また、経営者には経費削減、労働者には労働の裁量権が得られる、非雇用型の場合は自分の都合にあわせて働けるなどの利点があるとされる。
 
テレワークの問題点
一方で、テレワークには問題点も指摘されている。
すべてのテレワークに共通することとして、労働時間が長期化しやすい傾向がある。「どこでも仕事ができる」は、「どこでも仕事をしなければならない」に容易に置き換わる。また、テレワーカーに裁量権があるといってもそれは限定的なもので、テレワーカーにはノルマ(仕事量)を決める権限は無く、ノルマは勤め先など外部が決定している。特徴の節で述べたとおり、労働時間が見えないため外部が決定する仕事量と労働時間とのバランスが難しく、「このくらいできるよね」と外部がノルマを課せばテレワーカーはこなさなければならない。そして裁量労働制という名前の元に、テレワーカーは「自分が仕事をコントロールしており、ノルマをこなせないのは自分のせいだ」として、ノルマをこなすためについつい労働時間を延ばしていく。しかもこの延びた時間をテレワーカーは「労働時間として認識しない」傾向にあるという。この労働時間の長期化は、特に仕事の単価が安い請負が多い在宅ワーク型において時給の低額化を招きやすい。
収入面では、雇用型については一定の収入が保証され、額も多い。しかし、在宅ワーク型はCG・ホームページの作成などの技能を必要とする仕事であればまだ収入が多いが、データ入力、アドレス収集といった技能を必要とされない(とみられる)仕事の場合、請負制で最低賃金が適用されず単価は恐ろしく安くなり、一方で作業時間が長くなった結果、「結果として時給100円だった」といった事態が容易に起こりうる。ごく一部を除けば、「収入額も時給もパートの方がよほどマシ」といった状況にある。
次に、特に政府が期待する通勤労働者から在宅勤型務への振り替えの増加は、現状では厳しいという。企業にとって、通勤労働者の在宅勤務型への変更は労務管理が難しくなるという問題点を抱える。まず労働時間の管理が難しくなるため、在宅勤務を導入している企業においては、「○時から○時までは仕事をしろ」といったように、時間拘束が厳しい事例がある。また企業の大多数は労働者をみることにより評価する方法を導入しており、テレワークは仕事ぶりがみえづらく評価が難しくなる。
一方、モバイルワーク型の導入は企業にとってオフィス縮小によるコスト削減、営業職が顧客に関わる時間が多くなることによる顧客満足度の上昇などの利点があるが、労働者はバックヤード縮小による事務作業など労働量の増加、他者との関わりが希薄化することによるロールモデルの消失、勤め先への忠誠心の低下などが起こりうる。
 
日本の区分
日本でのテレワークの区分として、雇用関係の有無がある。企業や官公庁に雇用され、在宅勤務などを行う「雇用型」と、フリーライターやSOHOなどの「自営型」、あるいは「非雇用型」は、広く使われる区分である。また、国土交通省のテレワーク人口実態調査では、情報通信機器等を利用し仕事をする時間が1週間当たり8時間以上の者を「狭義のテレワーカー」、それ以外を「広義のテレワーカー」としている。また、佐藤彰男は雇用型、非雇用型を在宅勤務、モバイルワーク、SOHO、在宅就業に分けることができる、としている。それぞれの概要は以下のとおり。
 
狭義と広義のテレワーカー
雇用型
自宅利用型テレワーク - 在宅勤務。自宅にいて、事業所とはインターネット、パソコン、電話などで連絡を取る。
モバイルワーク - 事業所に毎日出勤することはせずに、顧客先や移動中にノートパソコン、携帯電話などを使って勤務する。
 
非雇用型
SOHO - 個人事業主。法人格を持っていることが条件。
在宅ワーク型 - 個人が請負、あるいはテレワークあっせん会社に登録を行い、データ入力やアドレス収集、ホームページ作成などを行う。収入の低さから「電脳内職」と揶揄される形態でもある。
また、総務省では上記に付け加えて、施設利用型勤務を定義している。
 
規模
平成17年度テレワーク実態調査(国土交通省)によれば、2005年時点で日本には狭義のテレワーカーが674万人いる。政府は2003年7月策定の「eJAPAN戦略II」で、2010年に日本の労働人口の2割をテレワーカーにする目標をかかげている。
一方で、この数字は過大であるという指摘もある。一例として、「調査は本人の自覚によらず定義に当てはまるかで判断しているため、例えば週に8時間以上自宅へ持ち帰り残業を行えばテレワーカーとなる」(佐藤、2008)を挙げる。
 
テレワークソリューション
テレワークを企業が導入するにあたっては、労務管理、テレワークソリューション、執務環境の3つの側面から検討することが必要。特に在宅勤務の場合、パソコンの画面をずっと見て仕事をすることが多い為「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」に留意した執務環境が必要である。
 
労務管理システム国内主要ベンダー
株式会社ネオキャリア (jinjer労務)
株式会社SmartHR (クラウド人事労務ソフト SmartHR)
株式会社エフアンドエム (オフィスステーション)
株式会社Donuts (ジョブカン労務管理)
人事労務freee (freee株式会社)
 
テレワークソリューション国内主要ベンダー
e-Janネットワークス株式会社 (CACHATTO)
RSUPPORT株式会社 (Rsupport Works)
株式会社オーシャンブリッジ (ISL Online)
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(Tocaro)
 
テレワーク・デイ
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、2020年までの毎年、東京オリンピックの開会式が予定されている7月24日を『「働く、を変える日」テレワーク・デイ』とし、企業等による全国一斉のテレワーク実施を呼びかけている。
第1回目(2017年) - 900団体以上、約6.3万人が参加。NTTコミュニケーションズは約800人の社員が終日、在宅で勤務した。Yahoo!は全従業員の半数に当たる3000人規模でテレワークを実施し、自宅やカフェ、サテライトオフィスなど、それぞれのワークスタイルに合う空間で作業をした。サニーサイドアップは本社最寄り駅の一つが国立競技場駅であり、「下り電車に乗ろう」プランを導入、海の家や高尾山でミーティングを行った。
第2回目(2018年) - テレワーク・デイズ(7月23日の週で、24日を含む計2日以上)として開催、1200団体以上が実施団体として登録した。
 
まとめ
テレワークは地方創生のツールとして様々な自治体が実施して失敗している。
また、上記のテレワークの概念は経営者と雇用者の関係を想定している。これは小規模自治体では成り立たないと思います。大手企業の経営者と雇用者の関係は地方では成り立たせるスキルがワーカーの方にありません。
テレワークをwebマッチングビジネスと混同している場合が多々ある。行政がやったテレワーク導入はwebマッチングビジネスの企業が仕事を持ってきて、売上の20%程度をもっていく。そして次の問題はwebマッチングビジネスの企業が去ったあとに業務を取るノウハウがない。
行政はビジネスがわからないのでそこで頓挫する。
元来、「空いた時間で収入を得る」のが主である。世の中に素人の集団に業務を任せる企業なんてない。そもそも、それは大企業がCSRの一環として「田舎でテレワーク」、「自治体とのコラボ」などの実績、売名行為にしかすぎません。行政マターのテレワーク業務に携わった方々には虚無感が残り、モチベーションが下がっていきやめてしまいます。
 
テレワークの本質に「自分の空いた時間」に「獲得した業務」を「自分のペースで」行うというのが原点です。そこで身につけるのはまず「仕事を取る」ことです。また「一攫千金(月300,000円など)を狙わないこと」最初の目標設定は月額10,000程度、翌月20,000円という階段を一歩ずつ昇る気持ちが大切です。
シュフティ
クラウドワークス
ランサーズ
をおススメします。
ログイン設定をし、自分ができることをチェックシートにチェックを入れておけば、該当案件、また似たような案件を知らせてくれます。
そして見積もり提出、データ入力業務の場合など、先方の希望額が50円であれば、50円以下で提出します。自分を過小評価せずに!!私であれば最初は取りにいくのを目的で40円or45円で提出します。
恐らく依頼主は複数のワーカーに発注するので、プレッシャーを感じないように。そして一番大切なのは「無理をしないこと」です。そうしないと続きません。
またデザイナー系の仕事はワーカーに「他で決まりました」といいワーカーの製作品を支払いせずにクライアントに売るという話をよく聞きます。
対応策として「クレジット」の確認をした方がいいかもしれませんね。
テレワーク
この上記の図が小規模地方都市が成り立つか?Noです。
これはネットの普及で「どこででも仕事はできる」言われてますが、どこの企業が業務を発注するのでしょう?そもそも大企業はなく、中小零細企業がこういう「働き方」を許容できるでしょうか。
私は以前から正社員、契約社員、アルバイトの垣根はなくなると言ってきました。テレワークは序章でしょう。逆に「働き方改革」中小零細企業の倒産件数を増加するだけだと思います。
社員の残業を制限すると工程時間が足りなくなる。するとやむなく社員を採用しなければならなくなる。人件費の負担が一番が一番の経費です。
皆さんが自分で稼ぐ力を磨く時期だと思い、一歩一歩、頑張っていきましょう。
そうすれば、町は活気づいていきます。
 
これが「地域の活性」です。
 
小さな大国・オランダ
私は海外旅行にあまり興味を示しません。しかし、1500万人(ほぼ東京規模)というオランダには強く行ってみたいと思ってます。2001年、小泉政権誕生で沸く日本。その同日面の中面に「オランダのワークシェアリング」今から約19年前です。読売新聞。小さな大国の教育システムを真近で感じて学んでみたいと思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック