トップ  > ブログ  > インバウンドコラム-2

インバウンドコラム-2

インバウンドコラム-2
20200407
 
新任担当者がおさえておきたいニュースサイト3選
 
1)トラベルボイス
観光産業に関する最新情報やトレンドを伝える専門ニュースメディア。アウトバウンドや国内旅行のコンテンツも多いですが、インバウンドの記事も一定数あります。メルマガを登録すると、翌日から「今日のヘッドライン」を配信してくれます。
 
2)トラベルビジョン
旅行業界向けの最新情報を発信するオンラインメディア。「国内・訪日ニュース」というカテゴリにはインバウンドに関する記事が含まれています。
 
3)やまとごころ.jp
「やまとごころ.jp」では、インバウンドに特化したニュースをお届けしています。行政の方にとっても事業者の方にとっても有用な情報が満載です。まずインバウンド業界のトレンドを把握するために、記事のタイトルを見ることから始めるのも一つの方法です。
日本経済新聞、朝日新聞など大手新聞社のサイトでも「インバウンド」「訪日外国人客」というタグやカテゴリをつけて記事を配信していますので、ぜひチェックしてみてください。また、Google アラートでキーワード検索をすれば、多くのインバウンドニュースに直接アプローチできるのでおすすめです。
 
訪日客の動向を知るのに役立つデータ3選
 
訪日外国人
 
1)訪日外客数 by JNTO(日本政府観光局)
日本を訪れた外国人旅行者数を、最速で世に出しているのがこのデータです。毎月15日~20日頃に、JNTOが速報値を発表しています。国籍別にも数値を出しているので、月ごとの数字がどう変化するかなど、インバウンドマーケット全体の傾向や、各国や地域のトレンドの変化を掴むのにおすすめです。
 
2)宿泊旅行統計 by観光庁
日本を訪れた外国人が日本のどこに宿泊しているか、都道府県別のデータが見られることが最大の特徴です。国籍別のデータも取っているので、まずは、自社の施設がある都道府県に最も宿泊している外国人はどこの国籍の方なのかを調べてみましょう。なお、このデータでは、外国人だけでなく日本人の宿泊統計も発表しているので注意してください。
 
外国人の入国を拒否する73ヶ国・地域
 
3)訪日外国人消費動向調査 by観光庁
外国人旅行者の行動からトレンドを細かく知ることが出来る貴重なデータです。日本には誰と来たのか、団体旅行か個人旅行かといった旅行手配方法や、日本のどこを訪問し、何にどの程度お金を使ったかなど、旅行前~旅行中の動きをつぶさに把握することができます。 四半期に1度更新しているこのデータをしっかりと読み込めば、国籍別の旅行者の特徴を掴むことができ、自社のターゲットを設定する際の手助けになります。
 
データは、コピー&ペーストで自由に利用できますので、ぜひ活用してください。
▼「やまとごころ.jp」DATAインバウンドはこちら
https://www.yamatogokoro.jp/inbound_data/
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック