トップ  > インバウンドニュース&コラム  > インバウンドコラム-1

インバウンドコラム-1

インバウンドコラム-1
20200402
 
日本政府は4月1日の国家安全保障会議で、外国人の入国拒否の対象を大幅に拡大することを決めた。
水際対策強化のため、これまでは一部地域からのみ入国を禁じていた中国と韓国の全土が対象となり、新たにアメリカ、台湾、イギリスなどEU以外のヨーロッパのほぼ全域、インドネシアやタイなど東南アジアの7カ国、南米やアフリカ、中東の一部を含めた49の国と地域が加わる。これにより日本への入国拒否の対象国は合計で73カ国・地域に拡大。過去14日間に、これらの地域にいた外国人は日本に入れなくなる。なお、「特別永住者」については、入国拒否対象ではない。
 
「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」又は「定住者」の在留資格を持っている外国人についても、これらの地域に出国した場合は、原則として日本への再入国を認めないことも決めた。これらの地域から帰国する日本人には、PCR検査を空港にて行う。
 
さらに、入国拒否の対象とならなかった国・地域からの外国人に対しても、4月2日までに発給した一次、数次ビザの効力停止、ビザ免除措置の停止、およびAPEC・ビジネス・トラベル・カード所持者へのビザ免除措置を停止を決めた。

これらの地域から渡航する必要がある場合は、事前にそれぞれの国の日本大使館や総領事館でビザを申請し認められれば、渡航することはできる。しかし状況によって、ビザを持っていても日本で入国が認められないこともあり得るという。
 
また、日本人を含む、すべての入国者に対して、自宅やホテルなどでの指定された場所での14日間の待機に加え、公共交通機関の利用自粛も要請する。いずれも4月3日0時よりスタートされた措置により、外国人の日本への入国が大幅に制限されることとなる。
 
外国人の入国を禁じる国が増えていく中で、これまで水際対策がゆるいと言われていた日本も、ついに強硬派へと大きく舵を切ったこととなる。
 
 
 
FIT(外国人)
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

   
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック