トップ  > ブログ  > BRANDは活かそう

BRANDは活かそう

壱岐牛は肥育農家には資金面でのリスクが高く農家自身がなり手がなく子牛のうちに宮崎、神戸、松阪などに売り「宮崎牛」、「神戸牛」、「松阪牛」となる。
 

皆さんが食べているのは壱岐で産まれた宮崎牛、壱岐で産まれた神戸牛、壱岐で産まれた松阪牛だったりすることが実際に起こってます。
「宮崎牛」、「神戸牛」、「松阪牛」と思って食べてるのは「壱岐産」、もしくは壱岐と似たようなところの繁殖農家もあるでしょう。
 
情報収集→就農者探し→就農移住
 
 
壱岐メロンに関しては「70を超えた方が5kgのメロンを運ぶのはしんどい。」要するにメロン農家の後継者不足で市場が狭くなっており、島内消費、島外消費、キャパが決まっている。菊池市七城町の七城メロンとは「規模が違う」ということだった。
で、疑問に思ったのは
 
「七城町はどうして規模が大きいのだろう?」
「後継者不足はどうしているか?」

僕の課題は増えたし、知的欲求が湧く。そして解決したいと思う気持ちが高まる。
幸い「壱岐牛」、「壱岐メロン」は割合評判がいい。
これはもったいないと思う。
ものすごく「やりがい」があると思う。
 
まずはJA巡りと菊池市七城町だ。
 
コロナウイルスの沈静化がもどかしい。
 
牛の産地として長い歴史がある壱岐
    壱岐では昔から牛が飼育されていました。鎌倉時代の国産の牛を解説した国牛十図には筑紫牛の名で壱岐の牛が登場しています。
 
全国有数の子牛の産地
    日本農業新聞の市場子牛平均価格ランキングにおいて、平成25年度、全国7位と壱岐の子牛は大変人気を集めています。全国でも人気の壱岐の子牛達は、島を出て各地のブランド牛として育てられます。
   そのような中、壱岐の肥育農家に導入され、壱岐で生まれ、壱岐で育ち、愛情をこめて育てられた肥育牛を年間、約1,000頭程出荷しています。現在では福岡を中心に大阪・東京へと販路を拡大しながら、壱岐牛ブランドとして全国に向け発信しています。
 
 
 
 
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 

 

ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック