トップ  > インバウンドコールサービス

インバウンドコールサービス

インバウンドコール(電話受信)サービス
 
私たちは、様々な電話受信(インバウンドコール)業務を提供しています。
インバウンドコール業務では、お客様が「目的を達成したい」「問題を解決したい」など目的を持って電話をかけてきます。
お客様の目的をスムーズに達成し、また問題を速やかに解決出来るよう、私たちの長年の経験やノウハウをご提供します。
 
T-styleのインバウンドコールの特徴①
 
業務設計は、主に以下の様なものが含まれます。
・目的・目標の設定
・受信方法の設計
・ブースの配置とスタッフィング
・ワークフローの設計
・FAQの作成
・トークフローの設計
・トークスクリプトの作成
・報告様式の設計
・システム設定
・VMOの設計
 
T-styleのインバウンドコールの特徴②
 
私たちは、様々なメディアからのインバウンドコールを実施提供しています。
 
・テレビ:インフォマーシャル(地上波・CS・BS等)、テレビプログラム対応、CM等
・ラジオ:ラジオプログラム対応、インフォマーシャル、CM等
・ダイレクトメール:顧客向け案内、新規獲得向け案内ほか
・新聞:全国紙、業界紙、地方紙、タブロイド紙ほか
・雑誌:婦人向け雑誌、専門誌、一般雑誌ほか
・チラシ
・カタログ
・Web
・広報物:社内報、取引先ご連絡など
 
様々なチャネル(経路)からのお電話の対応を、消費者向け(B2C)、企業向け(B2B)のどちらも
対応し提供しています。
 
T-styleのインバウンドコールの特徴③
 
私たちの長年の経験上、インバウンドコールの実施において、オペレータがお客様からの反応や生の声などの情報は、とても重要なものと認識しています。
実施結果ももちろん大切ですが、クライアント様のコミュニケーション戦略やプロモーション戦略を振り返ったり、或いは再構築する際において、定性的な情報もとても重要になります。
私たちはインバウンドコールの実施においてお客様の反応や生の声をクライアント様にお伝えしています。
 
T-styleインバウンドコールの特徴④
私たちが提供するインバウンドコールは、電話によるコールに限りません。
Webフォームの対応
メールの対応
SNS(フェイスブックやツイッターなど)の対応
FAX
など多岐にわたるツールに対応しています。
 
T-styleのインバウンドコールの特徴⑤
インバウンドコールの対応後に生じるデータエントリー業務や資料の発送業務などバックオフィス全般のサポートも行っています。
資料の発送業務については、封入・封緘・投函のほか、ラベルアウトプットなども行っています。
 
 
T-styleのインバウンドコールの特徴⑥
私たちはインバウンドコールに際して、顧客セグメントとコンプライアンスに配慮し、常にクライアント様の顧客満足度やイメージ向上に重点におきつつパフォーマンスを最大限に引き出すインバウントコールを目指しています。
 
T-styleのインバウンドコールの特徴⑦
 
私たちはクライアント様からのご期待に最大限応えるために、クライアント様とお話し合いの上で、VMO(ベンダーマネジメントオーガニゼーション)を実施提供しています。
このVMOにより、クライアント様のコストパフォーマンスを最大にすることを目的としています。
 
T-styleが実施提供してきた業務の種類(例)
 
私たちが行ってきたインバウンドコール業務の主なものは以下の通りになります。

・会社お問合せ電話対応(秘書代行含む)
・広報対応(広報代行)
・通信販売受信業務(受注・問合せ対応ほか)
・カスタマセンター業務(簡易カスタマ対応を含む)
・クレーム対応
・外国人対応(電話通訳)
・テクニカルサポート業務
・講座・セミナー・研修対応(お問合せ・お申込対応ほか)
・イベント事務局対応(チケットの販売、イベント参加事業者対応ほか)
・キャンペーン事務局(消費者対応、事業者間調整対応ほか)
・SNSオペレーション(フェイスブック、ツイッターなど)
・Web対応(HP経由・スマートフォン経由ほか)

その他、様々な対応を実施しております。
 
 
〒811-5501
長崎県壱岐市勝本町勝本浦356
T-style
代表 立石拓也
090-1343-7993
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 

 

ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック