トップ  > インバウンドニュース&コラム  > 新型コロナ第2波に揺れる世界の国々。オーストラリアでは再びロックダウンも。マニラでも外出・移動制限

新型コロナ第2波に揺れる世界の国々。オーストラリアでは再びロックダウンも。マニラでも外出・移動制限

先の見えない新型コロナウイルス。国内の感染数は再拡大していますが、日本よりも先に入国規制を緩和させ観光を再開させている欧州や、感染抑制が成功していたベトナムやタイなど、他の国はどのような状態となっているのでしょうか。
→【世界の動きまとめ】新型コロナ第2波に揺れる世界の国々。オーストラリアでは再びロックダウンも。マニラでも外出・移動制限

 

2020年5月の宿泊旅行統計調査結果によると、全体の延べ宿泊者数は前年同月比84.9%減と大きく減少、外国人宿泊者の割合はわずか1.7%でした。また、主要旅行業者48社の5月の旅行取扱額も、前年同月比97.6%減と大きく減少しています。
→【外国人宿泊者数】2020年5月インバウンド宿泊者数前年同月比98.7%減の13万人泊、日本人宿泊数も8割減に

 

毎週金曜日にお届けしている『やまとごころオンラインセミナー』。今週のテーマは「エクスペディアから見る観光業の現状と対策」。エクスペディアホールディングス代表取締役マイケル・ダイクス氏に登壇いただき、自社や海外の事例と共にマーケットの捉え方や、withコロナ時代を切り抜けるための対策について語っていただきます。
→withコロナ時代の観光戦略 vol.5 ~エクスペディアから見る観光業の現状と対策~

witfコロナ、感染者数有数・金沢

「クールな田舎をプロデュースする」をミッションに地方部における様々なプロジェクトに関わる美ら地球CEO山田拓氏が、各分野の第一人者と語り合うトークセッション。シリーズ4回目となる今回は、デービット・アトキンソン氏をゲストに迎え、地方創生と観光立国について、サステイナビリティの観点から考えていきます。
→美ら地球CEO 山田 拓の対談シリーズ「サステイナブルな田舎の作り方」

 

国際航空運送協会IATAは、世界の旅客需要が新型コロナウイルス感染拡大以前の水準に戻るのは、2024年になるとの見通しを発表しました。5月の予測よりも1年後ろ倒しとなっています。
→IATA 航空需要回復は前回予測より1年遅れ2024年の見込みと発表 

 

日本百貨店協会が発表した6月の全国百貨店売上高も前年同月比19.1%減と厳しいものです。とはいえ、前月から比べるとかなり持ち直しています。
→2020年6月百貨店売上、前年同月比19.1%減で5月から大きく改善 インバウンドは引き続き苦境

 

三密回避が求められるなか、危機管理の一環としてオーバーツーリズムへの対応も求められています。日本総合研究所主任研究員の高坂晶子氏にオーバーツーリズムをテーマに語っていただいた『やまとごころオンラインセミナー』のレポートです。
→withコロナ時代の観光戦略 vol.4 オーバーツーリズム:観光に消費されないまちのつくり方

 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 

 

ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック