トップ  > 業務事例  > ■大手企業が立ち上げた新規化粧品ブランドの受付体制の整備

■大手企業が立ち上げた新規化粧品ブランドの受付体制の整備

■大手企業が立ち上げた新規化粧品ブランドの受付体制の整備

クライアントの課題

課題1
大手企業が立ち上げた新規化粧品ブランドの設立に伴い、事業計画にあわせた柔軟なカスタマー サービスの受付体制の整備が必要だった。

課題2
短期間で著しい拡大を狙う事業計画に対応し、プロモーションやサービス体制の変更へ機敏に連動する必要があった。


T-styleのソリューション
急成長・変貌するクライアント事業に完全連動した顧客窓口受付体制の整備に貢献。 急成長する新規事業においてクライアント企業が提供する基幹システムの更新や広告・プロモーション戦略に対応してコールセンターの対応マニュアル、スクリプト、スタッフ研修内容などを柔軟に更新した。 クライアントの事業内容に連動する事で、現在のインフラシステムの完成に初期設計から貢献。 さらに、返品やクレーム対応を効率化するため、返品の回収と返金処理をも統括する総合的なサービスセンターの運営まで幅広いサービスを提供した。

 

T-styleのアウトプット


(ハード面)
広告・プロモーションに連動したマニュアル・スクリプトの頻繁な更新
プロモーションの規模やシーズンに合わせ、細かく回線数を調整し、コストを最小化
事業計画の変動に対応したコールセンタースタッフの徹底教育、研修の実施


(ソフト面)
クライアント企業様に対するエンドユーザーからのクレーム、(商品、配送、対応サービスに関するクレーム)をデータ化し、報告を実施
クライアントの基幹システムの動作チェックなど、クライアント企業のインフラ設備を効率的に活用するためのノウハウを提供

 

もたらした結果・効果

早期の電話受付ラインを設置し、早急に体制を構築しました。対応マニュアルの作成から、レポート、データの集計精査まで幅広い対応により、効率的な運営・執行を実現しました。

 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 

 

ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック