トップ  > SNS・ホームページ  > SNS、そしてホームページ

SNS、そしてホームページ

よくFacebookなどのセミナーを開き、ビジネスへ応用し儲けよう、みたいなものを見かける。
昨日、たまたま日程が合い行ってみた。
基本的には特に嘘は言ってない。
しかし思う。
FacebookページやFacebookなどで大儲けしたという人に私は会ったことがない。
TwitterもFacebookも言わばツールである。
そのツールを使ってホームページへ導くのがオーソドックスと言えると思います。
それにはCMS(コンテンツマネジメントシステム)記事型ホームページ、ブログ型ホームページと思
って頂いていいと思います。

検索エンジンにかかりやすい。そして記事に商品、サービス、食品などのキーワードを盛り込んだ記事を書くのが有効といえる。経験上、Ameba、樂天などのブログを使った方であればなんら問題はないと思います。
その製品として私自身も『コムログクラウド』を使用している。
すこぶる便利だ。
オススメです。

お金がかかるのでWordPressでする、という方がよくいらっしゃる。
それは結構なのだが、WordPress自体にヴァージョンアップがあります。
それが上手くいけば何ら問題はないと思います。
ただ、厄介なのはヴァージョンアップが上手くいかないときである。
無料だけにある程度、スキルが必要だ。
SE、プログラマーが友達にいれば解決するでしょう。
しかし、24時間その友達が来てくれますか?その友達の時間さえ奪っているとも言えるでしょう。
 
WordPressを使ったホームページ制作会社が数多あります。WordPress自体は無料ですがコンサルタント料を5,000~50,000くらいまでいろいろな項目をつけて取ります。
私が扱わせて頂いているコムログクラウドはコンサルティング料などあります。言うことは一言だから「更新してください」です。
もちろん、どういった記事、コラム、ブログを書けば有効か指導致します。そして、コムログクラウドはサポートがあります。

それならば固有ドメイン、そしてサーバー管理を含めれば5,040円は安いと思います。

どちらにしろ、続けることです。
いつの時代も大枚を叩いて広告を打つか、コツコツ努力するかである。
ビジネスで簡単に儲け話なんてないと思います。
 
 
■My best shot!■
金沢・兼六園
 
兼六園
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 

 

ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック