トップ  > コールセンター  > インバウンド(事例・案)

インバウンド(事例・案)

・翻訳ダイヤル
とうとう八代市日奈久温泉にも日奈久温泉にも中国人が来るようになったみたいです。

最後まで抵抗してたみたいで最終的に受け入れる方向に決まると『日常会話くらい覚えないと』という

意欲は老舗だけあると感じた『松の湯』さんですが、まくしたてられるような事態も想定はできます。

そこは誰もどうにもできないと思います。

結局、自治体はインバウンド対策講習会などを開きますが、それ以降のフォローは小規模自治体はしま

せん。

というよりできないんだと思います。

こういった事態に陥った時はレスキュー的なダイヤルがあればいいと考えます。

語学が熟練していけば、それでそれでいいわけですから。


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック