トップ  > ブログ  > 『政治家』がいない

『政治家』がいない

烏滸がましくも国を憂う。
遡れば海部さんあたりからおかしくなったんじゃないだろうか。
僕は自民党に入れたのは選挙権を得てから連続でいれたか?最初の一回だけじゃないかと思う。
昨今の野党の追求、行動を見てると呆れ果てるというか、『僕らはこの人達に託してるんだ(実際に国を動かすのは与党だけど)』と思うと嫌になる。

三角大福中という時代があり、田中角栄を金権政治と批判する人もいるが未だに人気は高い。
二大政党制を好むが昔は批判された派閥で自民党内で成り立っていたんだよね。今の国会議員、またはそれを目指す人、あの前原騒動をみると『国会議員という職』を求めて政策も理念もなく職に就くという意識にほかならないと感じる。
結果的に見れば、右、中道、左ときれいに分かれた感じにはなったが、結果論でしかない。

僕は首相、大臣を含めて議員職時代には『仕事』は一つか二つしかできないと思っている。全てをパーフェクトにできる政治家なんていない。
その意味で小池都知事は小泉政権の環境大臣時代に口にした『クールビズ』という言葉。これで世のスーツ族がどれだけ助かり、仕事自体も能率的になったか。
彼女はこれで政治家としての大きな仕事は終えたと思っていた。すると突如、『二匹目の鰌』を狙ってか?出馬し、自民党が下手打って、わけわからない選挙の末、都知事へ。
風は彼女にしか吹いていなかった。
メディアもメディアで3人で選挙をしているような報道ぶり、4位になった上杉隆は無視状態。
そして最後は小池都知事(責任の所在は小池都知事にあるが)に潰す。

今、課題は山積みの自公政権。
地方創生はどこ行った?地方はいつ迄地方交付税をもらう?来年ももらうために余ったお金(血税・予算)を道路工事をした後に水道工事したりする。
僭越だけど、国の仕組みを変えないと駄目だと10数年前から言っている。まず、霞が関の解体(公務員制度の改革)、そういえば安倍総理は前政権以前から熊手のみんなの党・渡辺喜美さんと積極的に取り組んでいた気がするけど。

本気で6次産業化→地方創生→TPP、『はい、地方の皆さん、商品は作りましたか?活性化しましたか?販路は用意してますよ。頑張ってください』と考えているんじゃないだろうか?
いわゆる『地方切り』、で一番厳しいのは九州だろう。

出てきてほしいね。次世代の政治家。

真の政治家の台頭を望む。


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック