トップ  > 故郷  > 僕がいつも不思議に思うこと

僕がいつも不思議に思うこと

僕がいつも不思議に思うこと

非難しているわけじゃないので、誤解なきようお願い致します。壱岐だけなのかどうかわかりませんが小規模地方都市によく見られる傾向が強いです。

特に壱岐市では、なんでも補助金、助成金ありきでビジネスを始めるように見受けられます。中山 忠治さんの体験型観光を株式会社・中山で会社を興し始めることはお考えにならなかったのでしょうか?県議マターの『ごっとり市場』で無様に1億2,500がなくても銀行借り入れを起こし投資家を募り事業をしようと考えられなかったか?理解に苦しむんですね。これがもしかして一番驚いたことかもしれません。福岡時代にそういうのはほとんど聞かず、事業計画書を練りに練り、どうやって資金を集めようかと皆さん一生懸命だったのを記憶しています。
ただ、中山さんが自費で行ったと仰ってますが、それは当然だと思います。
だから湯ガッパのようなものが出来上がる。これを書き出すと複式簿記導入に発展するのでやめておきます。何かやりたいことがあれば市役所へ行くというスタイルはやめましょう。これは中山さんに言ってるのではあります。いいタイミングでコメントを頂いたからです。予算が着いたからが先では必ずや失敗するんじゃないでしょうか?だから県議マターは失敗したんだと思いますよ。



 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック