トップ  > 故郷  > 住民目線と観光客目線は違う

住民目線と観光客目線は違う

住民目線と観光客目線は違う

これは僕が悲しいです。僕らは総工費30億、年間管理費2億円、このことを知っているから先入観があります。
でも観光客には『そんなこと知ったこっちゃない』ですよね。そしてその負担が『壱岐市民の税金がどうなろうが知ったこっちゃない』んです。考えりゃそうですよね。
僕は二度入館して、『いいな』と思いました。しかし、イチャモンつけるところはたくさんありますが、壱岐市全体で比べれば20年横ばいと言っても過言じゃないでしょう?去年のRe島プロジェクト2億円電通に丸投げして減ってるし。行政の方はビッグネームにクレームつけれないんですかね?恐らく2億円のプロジェクトなんて電通にとってははした金ですよ。孫の孫請けかもしれません。
『釣りに子ども連れて行ったら喜んでましたよ』、『素晴らしいじゃないですか。なぜもっとPRしないんですか?』と。
十分過ぎるPRの量産体制だと思いますが、愚痴言っても始まらないんで総括はしてほしいんですよね。直接、聞きに行ってもメールにしても嘘つきますからね。うちの行政さんは(笑)

辰の島遊覧もいずれ限界は来る。200円のイルカは最悪、閉鎖を現職は考えているかも知れない。そうなると猿岩でどうお金を使って頂くか?になったりすると思います。
来客数の割にはお金は落ちてない気がします。


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック