トップ  > 神社仏閣  > 千葉県(銚子市)・飯沼観音

千葉県(銚子市)・飯沼観音

千葉県(銚子市)飯沼観音
20180714

‪『先立つものは金』、『命あっての物種』、ここ5年くらい考え、結果半ば強引に『命あ
っての物種』といい聞かせている。

この先の20年の子どもたちをどうしても憂いてしまう。

20年後この国はあるのか?

憲法をも変えれない国、これって日本人が日本人を信用してないってことだよね。

形だけの国会運営でわけのわからないことを言い募る烏合の集・野党。

アメリカとの蜜月の終わりを告げるだろう。

トランプを馬鹿にした人は驚いているだろう。

彼はなんだかんだで言ったことを実行してる。

堂々と日本人でありたい。

アメリカの属国と呼ばれないように。

今の子どもたちも日本人で堂々とあり続ける社会を僕らが創らなければいけない。


感謝

心経一巻、そして一日一笑


基本情報
所在地:〒288-0054千葉県銚子市馬場町1-1
電話:0479-22-1741


Official site















円福寺 (銚子市)
円福寺(えんぷくじ)は、千葉県銚子市にある真言宗の寺院。山号は飯沼山。本尊は十一面観世音菩薩。坂東三十三観音霊場の第27番札所となっており、飯沼観音(いいぬまかんのん)とも称される。

歴史
寺伝によれば、神亀元年(724年)、漁師が十一面観世音菩薩を網ですくい上げ、その後、弘仁年間(810年 - 824年)この地を訪れた空海(弘法大師)が開眼したという。鎌倉時代以降はこの地を治めた海上氏の帰依を受け、寺運は興隆した。天正19年(1591年)に徳川家康に朱印を賜わり諸堂を整備。

天正6年(1578年)には8間4方の観音堂を建てた。元禄15年(1702年)鐘楼、多宝塔を焼失。安永2年(1773年)には観音堂を10間4方に改築、ほかには仁王門・鐘楼・多宝塔などの諸堂を整備したが、昭和20年(1945年)に空襲で多宝塔以下観音堂、仁王門、鐘楼、太子堂、馬頭観音堂、二十三夜堂、荼枳尼天堂、龍蔵大権現堂(現・銚港神社)など諸堂を焼失した。

銚港神社と観音堂の間に古碑があり、慶長年間に近郷に住んでいた「早器居士」の墓と呼ばれていた。
2009年(平成21年)に五重塔を建立、高さ33.55m。

文化財
重要文化財
鐃(にょう、仏具の一種)奈良国立博物館に寄託
千葉県指定有形文化財
梵鐘(享徳十一年在銘)
釈迦涅槃図 附 釈迦涅槃図由来書3巻
土木学会選奨土木遺産
飯沼水準原標石 - 利根川や江戸川の河川整備に必要となる水位表記の基となった水準原標。日本における「河川測量の原点」及び日本水準原点設置の原点。2015年日本選奨土木遺産認定。
前後の札所
坂東三十三箇所
26 清滝寺 (土浦市) -- 27 円福寺 -- 28 龍正院


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック