トップ  > コールセンター  > プロフィットセンターとコストセンター

プロフィットセンターとコストセンター

コールセンターを二つの視点から見てみます。
 
プロフィットセンターとコストセンター

なんのことかわかりませんよね?
プロフィットとコストでピンとこられる方もいるかもしれません。
この記事はある意味、島内の方向きになるのかもしれません。
 
プロフィット(利益)センター

このコールセンターはコールセンターで利益を生み出します。
よく耳にするのは皇潤、ジャパネットたかた、数多の化粧品などです。
ちなみの『只今の時間帯はオペレータを増やしてお待ちしております』とたかた社長が仰っておられました。増やしません増やせません。自社ではミニマムに近いオペレータしか用意はしません。じゃあ、どうするのか?飛ばします。何を?回線をです。様々なエージェンシー(代行会社にです。)
媒体(テレビなど)で商品を売ります。そこで利益を生み出すからプロフィットセンター、というわけです。
ちなみに意外かもしれませんが、一番簡単です。なぜか?コミュニケーションは生まれないからです。商品、氏名、住所、電話番号を聴取するだけだからです。
 
コスト(経費)センター

ちなみに島内にレオパレス21さんのコールセンターがありますよね?
ブロードバンド事業部と公共料金課(ガスの開栓閉栓など)。
公共料金課はコールセンターとはちょっと違うと思います。いうなれば全国の支店の集約事務作業と呼んだほうがいいと思います。ただこの小さな一支店単位で考えた事務代行サービスの需要が今多いのも事実です。
ブロードバンド事業部はコールセンターです。カスタマーセンター的な部分も含まれています。
クレーム、製品の仕様、様々な案件が入る。ここで利益は生まれませんよね?ここで得た情報を商品開発、サービスの向上、再度、商品提供で売上向上とつながり、ここでプロフィット(利益)が生まれます。

私達がコールセンターで雇用を創るというのは最初からこういった規模のセンターではありません。小規模な数回線の事業承継、創業、起業できる金額の規模からの地方創生支援コールセンターパッケージこここあ」です。


ちなみにデータベース・マーケティングにおいて電機メーカーさんが保証書が使える気づいたのは1990年代だと何かの本で読みました。冷蔵庫なんて毎年買いませんよね?15年くらいでしょうか?その頃のにメーカー⇒卸売店舗⇒街の電気屋さん⇒お客様となればブランドチェンジはなかった?少なかったと思います。
ただ2000年頃から量販店、そしてネットへ
 
最近は男性オペレータも増えております
まとめ

プロフィットセンターはコールセンター自身で利益をだす。
コストセンターはコールセンター自体は赤字ですが、次の利益につながるセンターと認識して頂ければいいと思います。

 
 


 
    【 汐彩屋・通販サイト】

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 
お勧めの本
 
ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック