トップ  > インバウンドニュース&コラム

インバウンドニュース&コラム

  • <<前へ
  • [ 20件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

「世界の持続可能な観光地トップ100選」

 今年で6回目となる「世界の持続可能な観光地トップ100選」が発表されました。コロナ禍、より世界から注目される「持続可能な観光」。この「TOP100選」は、エントリーしている時点ですでに持続可能な取組をしている実施者として注目されます。 →「世界の持続可能な観光地トップ100選」2020発表 日本か...

詳細を見る>>

トリップアドバイザー今秋の国内旅行トレンド発表、アウトドアや自然散策が人気。出発直前に予約の傾向

日本でも国内旅行が徐々に回復しつつあります。トリップアドバイザーが検索状況などに基づき、発表した今秋の国内旅行のトレンド。コロナの流行以前と比較した日本人の旅行に対する傾向の変化が見えてきます。長野県白馬村 →トリップアドバイザー今秋の国内旅行トレンド発表、アウトドアや自然散策が人気。出発直前に予約...

詳細を見る>>

本来ならば今週木曜日から東京オリンピッが開幕されるはずでした…。

 本来ならば今週木曜日から東京オリンピッが開幕されるはずでした…。JNTOが発表した6月の訪日外国人数は前月より微増したものの、わずか2600人でした。 →【訪日外国人数】2020年6月訪日客数は2600人、3カ月連続で前年同月比99.9%減。1-6月累計は76.3%減の394.7万人...

詳細を見る>>

新型コロナ第2波に揺れる世界の国々。オーストラリアでは再びロックダウンも。マニラでも外出・移動制限

先の見えない新型コロナウイルス。国内の感染数は再拡大していますが、日本よりも先に入国規制を緩和させ観光を再開させている欧州や、感染抑制が成功していたベトナムやタイなど、他の国はどのような状態となっているのでしょうか。 →【世界の動きまとめ】新型コロナ第2波に揺れる世界の国々。オーストラリアでは再びロ...

詳細を見る>>

入国規制緩和第2弾、台湾、ブルネイと協議へ。EU、日本など15カ国からの渡航受け入れ

入国規制緩和第2弾、台湾、ブルネイと協議へ。EU、日本など15カ国からの渡航受け入れ 3月半ばより、厳しい水際対策を続けてきたEUが、日本など15カ国からの入国受け入れを決定しました。欧州委員会のこの決定には強制力がないため、各国の判断になりますが、往来再開に向けた大きな一歩です。そして日本政府も渡航規制緩和...

詳細を見る>>

Go To キャンペーン、7月22日開始。

Go To キャンペーン、7月22日開始。 20200713Go To キャンペーンが、当初の8月初旬開始の予定を早め、4連休の前日7月22日よりスタートします。それに合わせ、航空各社もキャンペーンを実施しています。中国や台湾が実施する国内旅行喚起策も紹介しています。 →【コロナ:世界の動きまとめ】...

詳細を見る>>

Go To キャンペーン、7月22日開始。航空会社も続々セールをスタート。中国、台湾なども乗り放題、商品券などで国内旅行喚起【やまとごころ通信 Vol.707】 

Go To キャンペーン、7月22日開始。航空会社も続々セールをスタート。中国、台湾なども乗り放題、商品券などで国内旅行喚起【やまとごころ通信 Vol.707】 20200722Go To キャンペーンが、当初の8月初旬開始の予定を早め、4連休の前日7月22日よりスタートします。それに合わせ、航空各社もキャン...

詳細を見る>>

コロナ禍の世界で最も安全な国はどこ?

コロナ禍の世界で最も安全な国はどこ?香港のDeep Knowledge Groupが発表した世界の安全な国のランキングをデータインバウンドで詳しく取り上げています。4月に引き続いての2回目となる当レポートでの日本の評価は9位から5位へとアップしました。このレポートからは世界が安全安心に何を求めるかも知ることが...

詳細を見る>>

UNWTO旅行再開を宣言。

UNWTO旅行再開を宣言。米エアビーCEO「かつての旅行は二度と戻らない」。観光を再開させた欧州の予約状況は?日本では7月22日より『Go To トラベル』がスタートする予定となっていますが、日本より一歩先に旅行を再開させている欧州などの旅行状況はどのようになっているのでしょうか。米国では、エアビーアンドビー...

詳細を見る>>

「次に旅行に行くとしたら?

「次に旅行に行くとしたら?」タイミングや行先について、トリップアドバイザーが6カ国各約400人を対象に6月下旬に調査を実施。訪れたい国や、再開された時に求めるサービスなどにも言及しています。 →欧米豪など6カ国に聞いた、次の海外旅行の時期や行き先は? 今観光地に求めるものとは?—トリップ...

詳細を見る>>

入国規制緩和 中国、韓国、台湾などと交渉。入国拒否146カ国へ。2021年東京オリンピックに向け、国境はどう再開されるのか

 水際対策として行っている入国制限ですが、その緩和の第2弾を、中国、韓国、台湾などの12の国と地域と進めることが官邸より発表されました。留学生など在留資格を持つ外国人の再入国も開始されます。 →【コロナ:世界の動き】入国規制緩和 中国、韓国、台湾などと交渉。入国拒否146カ国へ。2021年東京オリン...

詳細を見る>>

香港のDeep Knowledge Group

香港のDeep Knowledge Groupが発表した世界の安全な国のランキングをデータインバウンドで詳しく取り上げています。4月に引き続いての2回目となる当レポートでの日本の評価は9位から5位へとアップしました。このレポートからは世界が安全安心に何を求めるかも知ることができます。 →コロナ禍の世...

詳細を見る>>

インバウンド、やはり京都

少しずつ町も動き出した京都。そこでインバウンド比率94.5%、トリップアドバイザーが発表する「旅好きが選ぶ!外国人に人気の旅館ランキング」にて4年連続トップ10入りを果たしている宿『京町家楽遊』のコロナ禍における取り組み、緊急事態宣言解除後の対応を伺いました。クラウドファンディングを行う理由は「資金集め」であ...

詳細を見る>>

世界は動き始めた

国連世界観光機関(UNWTO)に登録する世界すべての国と地域で何かしらの入国制限が実施されています。入国規制緩和の動きが活発になっている一方、いまだに75%の国が国境を閉じていることに驚きました。アフターコロナの観光客を巡る欧州各国間での駆け引きが見え隠れする動きや、日本政府が発表した入国規制緩和の対象国に加...

詳細を見る>>

日本政府が入国規制緩和の検討

インバウンドコラム20200603 日本政府が入国規制緩和の検討を始めることが明らかになりました。夏以降に、まずは4カ国との往来が開始されそうです。中国で現在話題となっている「リベンジ消費」や、中国、台湾、香港、タイなどで実施された「新型コロナウイルスが収束した時、行きたい国は?」の調査結果などをお伝えしてい...

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 20件中 1件~15件を表示 ]
  • 次へ>>

T-style

〒 811-5501

長崎県壱岐市勝本浦勝本浦356

TEL:090-1343-7993

 

 

ICI株式会社
 
株式会社イーハイブ
 
株式会社カムラック